11月17日(火)

ゲスト

岡田圭右
豊崎由里絵
鈴木福
岡田圭右
豊崎由里絵
鈴木福

内容

関西で楽しもう!観光列車SP

関西人の生活に欠かせない関西の私鉄には、通勤や通学などにわれわれが普段利用する電車とは異なる、特別な仕様のものが存在する。それが車両のデザインやサービスなどに工夫を凝らした「観光列車」!今週は、関西を代表する人気の観光列車を一挙紹介!秋の行楽シーズン、わざわざ乗りに出かけたくなるその魅力を、ゲストの岡田圭右、豊崎由里絵、初登場の鈴木福とともに探っていく。

「小さいころから知ってるけど、大きくなって…」と東野も感慨深げに見つめる16歳の福くんが「京都でドラマの撮影があるときにぜひ乗りたいです!」と目を輝かせたのが、京都の嵐山から亀岡を結ぶ「嵯峨野トロッコ列車」。窓ガラスのない開放感あふれる車内からながめる保津峡の景色は絶品で、オススメシーズンは何といっても秋!スタジオ一同も「ウワーッ!」と思わず声をあげた、美しい車窓の風景をファンタジックに演出する心憎い演出とは?そのほか、大阪から和歌山が誇る世界遺産・高野山へと誘う南海電鉄の○○○や、レトロで高級感あふれる車両も大好評の叡山電鉄の展望列車○○○が登場!さらに、運行開始以来ほぼ“満席”が続く近鉄の観光特急「しまかぜ」のプレミアムな車内を徹底紹介する。1席の制作費はなんと○○○!ゴージャス使用の座席の秘密や、沿線のグルメと絶景が同時に堪能できる○○車両、伊勢神宮に参拝に向かう乗客も多い路線ならではのスペシャルサービスなど、「一生に一度は乗りたい列車」と人気を集める「しまかぜ」の魅力に迫る!

続いては、観光に特化したサービスやユニークなアイデアが人気のローカル鉄道にスポットを当てる。まずは「京都丹後鉄道」。京都北部の丹波、京都の舞鶴市から兵庫の豊岡市に至る日本海側と自然豊かなエリアを走るこちらには、3つの観光列車が存在するが、なかでも一番人気が「丹波くろまつ号」。車窓の絶景を堪能しながら味わえる、超豪華な○○の気になる中身を大公開する!さらに、沿線のオススメスポットも紹介。スタジオ一同を「まるで映画の世界!」「絶対行きたい!」と前のめりにさせた、まるで水上を飛んでいるような超絶景が登場する!また、全長およそ14kmの小さなローカル鉄道「和歌山電鐵」にも注目!子どもたちや全国の○○好きのハートをわしづかみにしている“かわいすぎる車両”の秘密とは?

また、大阪阿部野橋駅から奈良の吉野駅を結ぶ近鉄の人気観光特急「青の交響曲(シンフォニー)」を、当番組MCのヤマヒロと、カンテレ新人アナウンサーにして山本の三男・山本大貴が親子で初リポート!親子二人旅も初めてだというヤマヒロ&大貴アナは、青の交響曲を堪能したあと、吉野の修験道の聖地で特別ご開帳中の希少な秘仏に感動!名物グルメで食レポバトルがぼっ発するなど、父子水入らずの珍道中を繰り広げる!
東野幸治、メッセンジャー黒田
東野幸治、メッセンジャー黒田、豊崎由里絵
岡田圭右、鈴木福