ちゃちゃ入れマンデー

毎週火曜 午後7:00~7:57

8月8日(火)

ゲスト

金村義明、遼河はるひ、銀シャリ

金村義明

遼河はるひ

銀シャリ

内容

祝!東野幸治50歳 スゴイぞ!宝塚市スペシャル

いとうあさこ

8月8日(火)は、当番組のメインMC・東野幸治の50歳の誕生日!このおめでたい日を祝し、東野の出身地である兵庫県宝塚市を大特集する。いろいろあった東野の50年の人生も振り返りながら、名MCとして全国にその名をとどろかせるスターを育んだ街・宝塚市の魅力をゲストの金村義明、遼河はるひ、銀シャリとともに紹介していく。

まずは、宝塚市の歴史をひもときながら、東野の50年をプレイバック!明治から大正期にかけ、多くの湯治客でにぎわった宝塚温泉、阪急阪神東宝グループの創始者・小林一三氏が手がけた宝塚歌劇団が誕生し、「温泉と歌劇のまち」と呼ばれた宝塚。一大レジャータウンとして人気を集める一方、人口も増加し、関西屈指のベットタウンとして知られる現在の宝塚市の礎が築かれていった。

そんな宝塚市で東野が産声をあげたのは1967年。小学校時代はスイミングスクールに通い、「クラスで唯一○○○が泳げる男」として羨望の的に!?また伝説のトーク番組「ノックは無用」に出演し、ショートコントを披露する若き日の東野の貴重なVTRを大公開!その姿に、スタジオは騒然となり…東野本人も「シュールやわ~」と絶句した摩訶不思議すぎる若手時代のネタとは?

続いては、ほかの街にはない宝塚市の“自慢”にスポットを当てる。市民が口をそろえて自慢する誇りといえば、なんといっても宝塚歌劇団!タカラジェンヌ御用達のグルメなお店も広く知られ、市民のみならず観劇に訪れたヅカファンにも大人気だが、ほかにもお膝元ならではの気になるビジネスが…。
元タカラジェンヌと一緒に○○ができる優雅なレッスンや、トップスターのマル秘裏話が聞けるぜいたくツアーなど、宝塚歌劇に寄り添った驚きのビジネスを大紹介!スタジオでは、元タカラジェンヌの遼河が宝塚時代の秘話を激白!

ほか、宝塚市民に聞いた“宝塚あるある”を大公開!なぜかどの家庭にもあるという超定番のおやつや、東野と同じ宝塚市出身の“先輩”金村が独特すぎる“宝塚あるある”を放ち大暴走!?さらに、宝塚市をライバル視する近隣の街“伊丹市”と“尼崎市”がそれぞれの自慢で対抗!「そこを強調されても…」と東野を戸惑わせた尼崎市民の超過激な自慢とは?

関西テレビ ページトップへ戻る