トピックス

スペシャルイベント一般発売開始!
SUPER BEAVERが撮影現場を激励&高橋一生さんと初対面!

2018.10.27

ドラマの主題歌を担当するロックバンド・SUPER BEAVER(渋谷龍太、上杉研太、柳沢亮太、藤原“30才”広明)が撮影現場を訪れ、高橋一生さんを始めとする出演者の皆さんとの初対面を果たしました。

撮影が行われているスタジオを訪れ、セットを前に目を輝かせる4人の元へ、この日撮影を行っていた高橋一生さん、榮倉奈々さん、トリンドル玲奈さん、玄覺悠子さん、戸田恵子さんが登場。メンバーは、差し入れのお菓子を手渡し、連日撮影を行う出演者を激励しました。

今回、初対面を果たしたSUPER BEAVERと出演者。ヴォーカルの渋谷龍太さんは、「一輝の家や、育実の歯科クリニックは、実際に建物があると思っていたので、“うわ~!”と騒いでしまいました」と興奮気味に話し、さらに、「最初は、自分たちが主題歌を担当しているドラマがどう仕上がるのかドキドキしながら待っていました。拝見するとすごく素敵なドラマだったので、すごくうれしかったです。自分たちの曲をしっかりと使っていただけていることが何よりもうれしくて、ドラマの中にちゃんと自分たちの曲や意思が反映されているんだということを感じられて、本当にうれしいです」と、思いを口にしました。すると、高橋さんは、「“ドラマと音楽が相互に作用しあうといいな”と思っていたんです。僕の中で、お芝居の中でSUPER BEAVERさんの歌を聞いて、この世界観がとても素敵だと思っているので、お互いに関係しあっているということは、とてもうれしいことです。ありがとうございます!」と、感謝の言葉を述べました。さらに、榮倉さんが「主題歌によってドラマの色が変わると思うのですが、ドラマを見ていると、SUPER BEAVERさんの曲が一輝さんの自転車をこぐ姿などとマッチしていて、とても明るいドラマにしていただいていると思います。本当に感謝しています」と続けると、戸田さんからは「撮影している間は、曲がどのタイミングに入るか本当にわかっていないのですが、OAで初めて見たときに、“抜群のタイミングで入ってくるんだな”と、いつも思っています。相互にいい形で作用していて、すごく印象深く、元気になれます!」と、主題歌についての思いを語りました。

11月19日(月)には、スペシャルイベント「僕らはドラマと音楽と奇跡でできている体感ライブ」が豊洲PITにて行われますが、イベントに参加する高橋さんは、「とても楽しみにしています!」と一言。そして、『僕らは奇跡でできている』はもちろん、皆さんの音楽と合わさって、見てくださっている方がより近くドラマと音楽を感じてもらえるのではないかと思っています。ぜひ、楽しく過ごせたらいいなと思います。よろしくお願いいたします」と、SUPER BEAVERに挨拶。同じくイベントに参加する戸田さんは、「SUPER BEAVERさんとShiggy Jr.さんの曲が生で聞けるということで、ドラマで聞くこともいいですが、生で曲を聞けることをすごく楽しみにしています」と心待ちにしている様子でした。

チケットはいよいよ本日一般発売開始!イベントでは、高橋さん、戸田さんに加え、児嶋一哉さん、矢作穂香さん、北香那さんと一緒にドラマを振り返るほか、SUPER BEAVER、Shiggy Jr.によるライブ、さらにスペシャル企画が予定されています。まさに一夜限りの“奇跡的”なステージになること間違いなしのイベント、ぜひご期待ください!

僕らはドラマと音楽と奇跡でできている体感ライブ

バックナンバー

関西テレビ ページトップへ戻る