出演者

MC
ブラックマヨネーズ
リポーター
さや香、からし蓮根

番組内容

「これ、もっと広めたい」「お客さんを増やしたい!」そんな思いを持った依頼人を全面的にバックアップ!ただし、利用可能な宣伝ツールは“SNSのみ“!29通ものカンテレ若手ディレクターの企画書から、ブラマヨが一番気になった内容を特番に!

今年2月16日(日)に放送した「ブラマヨがちょっと気になるTV~ヒット企画のタネ、探してみました~」。カンテレの若手ディレクターが応募した29通の企画書の中から、MCを務めるブラックマヨネーズが“ちょっと気になった”企画を選考。選ばれた3つの企画をVTR化し、その中でブラックマヨネーズが一番気になったのが、この企画!

宣伝ツールとして使用可能なのは、SNSのみ。現地の方々と触れ合いながら、芸人たちが思いつく限りのアイデアをSNSに投稿し、拡散を狙う。

今年は、“特別な、夏”…イマ、苦境に立たされている人たちをSNSで救え!
(1)コロナ禍で相次ぐ花火大会の中止を受け…「オンライン花火大会」をバズらせて、100万人に花火を見てもらいたい!という花火師の願いにさや香が立ち上がる。
「花火がない夏」に立ち向かう花火師のため、さや香は再び奇跡を起こせるか?
(2)甲殻類の展示数は日本一!なのに、現状は月300万円の赤字…
「種類豊富なエビやカニたちを守りたい」と奮闘する貧乏「エビカニ水族館」の館長をからし蓮根がサポート!「コロナが明けたら大勢の人に来てほしい」という館長の願いを叶えるため、からし蓮根が考案した驚きのアイデアとは?
スタジオでは、「なんでアレがバズったの?」という疑問を解消すべく、SNSコンサルタントのデータをもとにブラックマヨネーズが納得いくまで掘り下げる。“バズらせる”意外な極意とは?

番組へのメッセージ