“怪演女優”中村ゆりかが本格アクションに初挑戦!

カンテレで2021年3月21日(日)深夜から、中村ゆりか主演のスペシャルドラマ『エージェントファミリー~我が家の特殊任務~』の放送(関西ローカル)が決定した。このドラマは、某国の新米スパイが主人公のアクションコメディー。中村が演じるのは、小市慢太郎演じる父“俊夫”、真飛聖演じる母“しのぶ”と暮らす、佐藤家の一人娘“みなみ”。一見ごく普通の家庭に見える佐藤家だったが、お隣さんには言えない大きな秘密を抱えていた。それは、俊夫は諜報工作、しのぶは狙撃、みなみは格闘術に秀でたスパイとして日本に潜入した、血の繋がりのない疑似家族だということ…。
ある日、一家に祖国から、「ある企業が極秘に進める“新人工培養臓器の開発”に関するデータを入手せよ」との指令が入る。その開発の重要人物である研究者の上杉に近づくべく、みなみは研究者の娘・晴夏の家庭教師として自宅に潜入することに成功。さらに、研究に没頭する父親への反抗心から非行に走る晴夏のピンチを救うことで、心を閉ざした彼女の信頼を得ていく。しかし、晴夏との交流によって、スパイとして冷徹に任務を遂行するよう訓練されてきたみなみの心にも変化が生じる。そんな中、佐藤家と同じようにデータを狙う別の組織の陰謀によって、晴夏の身に危険が及ぶ事態に。優先すべきは、晴夏の安全よりも、任務。それに背くことは“死”を意味する。それでも、みなみの心が揺れるのには、ある過去が関係していて…。

脚本は『PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~』、『幽かな彼女』の古家和尚、監督は『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』、『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』の白木啓一郎が担当。陰謀あり、アクションありのスリリングなストーリー展開を楽しめる一方、某国のスパイという特殊な設定のなかで中村・小市・真飛が繰り広げるコミカルな会話劇も見どころの本作品。誰も見ていない自宅内で、佐藤家の3人が大真面目に本当の家族のように振る舞う姿にもご注目を!

みなみという特殊な背景を持ち、コミカルな面もシリアスな面もある役どころについて、中村は「任務と人情の葛藤が視聴者の方の心にも響くようにできたらいいなと思います」とコメント。また、2021年の撮影に向けて、この秋から中村は激しいアクション訓練に取り組んでいる。「小さくてもしっかり力強いところを見せられるように頑張ります!」と中村も語るように、小柄な彼女が屈強な男たちをなぎ倒す本格アクションに期待が高まる。今注目の若手女優である中村が見せる新たな一面にぜひご注目いただきたい。

物語のキーマンである上杉晴夏役など、追加キャストは後日発表!また、このドラマへの出演権をかけて、仮想ライブ空間「SHOWROOM」では、現在オーディションを実施中。さらなる出演者にも期待がかかる本作品から目が離せない!

中村ゆりかコメント

Q.こういった激しい格闘シーンは初めてですが、以前からアクションに興味はありましたか?

アクションは本当にずっと興味がありました。「キャットウーマン」、「バイオハザード」、「トゥームレイダー」といった作品に出てくるかっこいい女性にはやっぱり憧れます。

Q.実際に格闘術の練習をして、現在の手応えや感想を教えてください。

初めての格闘術を練習して、最初は本当に体が追いついて行くのに必死な状態でした。アクション監督や監督から抜かりなくご指導していただいていて、今はどうしたら自分がかっこよく見えるのかをイメージすることが出来るようになりました。もう少し練習の時間をいただけるので、そこでもっと力強さを身につけていきたいです。

Q.特殊な設定で、コメディもシリアスも混在する難しい役どころですが、みなみという役をどう演じていきたいですか?

人を倒す任務に従わなければいけないのですが、時には人を思いやる心を持てるのがみなみの人柄です。任務と人情の葛藤が視聴者の方の心にも響くようにできたらいいなと思います。

Q.撮影に向けて意気込みなど、メッセージをお願いします。

アクションのお芝居のお話が私にいただけるなんて想像もしていなくて、本当に驚きました。性格も体格も機敏に動けるアクションからかけ離れていると思うのですが、イメージを覆せるよう練習を頑張ります。小さくてもしっかり力強いところを見せられるように頑張ります!