STORY

佐藤家は、一人娘のみなみ(中村ゆりか)、父・俊夫(小市慢太郎)、母・しのぶ(真飛聖)の3人家族。一見ごく普通の家庭に見える佐藤家だったが、お隣さんには言えない大きな秘密を抱えていた。それは、俊夫は諜報工作、しのぶは狙撃、みなみは格闘術に秀でたスパイとして日本に潜入した、血の繋がりのない疑似家族だということ…。
父・俊夫(小市慢太郎)
母・しのぶ(真飛聖)
ある日、一家に祖国からの指令がくだる。内容は、「ある企業が極秘に進める“新人工培養臓器の開発”に関するデータを入手せよ」。開発の重要人物である研究者・上杉信也(赤ペン瀧川)に近づくべく、みなみは信也の娘・晴夏(伊藤万理華)の家庭教師として上杉家に潜入することに成功。さらに、研究に没頭する信也への反抗心から非行に走る晴夏からの信頼も得ていく。しかし、晴夏との“ごく普通”な心の交流によって、スパイとして冷徹に任務を遂行するよう訓練されてきたみなみの心にも変化が生じる。
みなみ(中村ゆりか)、娘・晴夏(伊藤万理華)
そんな中、佐藤家と同じようにデータを狙う別の組織の陰謀によって、晴夏の身に危険が及ぶ事態に。優先すべきは、晴夏の安全よりも、任務。それに背くことは“死”を意味する。それでも、みなみの心が揺れるのには、ある過去が関係していて…。
みなみ(中村ゆりか)
晴夏(伊藤万理華)