8DXスポーツクライミング

概要

大会名称

8DX CUP 2020

主催

関西テレビ放送

協力

有限会社フロンティアスピリッツ

運営

8DXスポーツクライミング大会運営委員会

日程・会場

ボルダリング

日程:2020年2月15日(土)
会場:PUMP大阪

募集人数

ボルダリング

160名
(シリーズ戦優勝者は招待選手とします)

エントリー費

5,500円(税込、保険料込)
※当日、お支払いをお願いします。
※締切後のキャンセルは、参加費の50%。
※前日・当日のキャンセルは、参加費の100%を頂きます。

エントリー方法

1月15日(水)午前10時よりエントリー受付開始

開催カテゴリー

参加するカテゴリーの目安は下記の通りとなります。

オープン【男子】

1級以上

オープン【女子】

3級以上

マスター 【男子】

3級以上1級まで

ミドル【男子】

5級以上3級まで

ミドル【女子】

5級以上3級まで

ビギナー

初心者から6級まで
※大会やコンペなどに出場した経験が少ない方が対象

U-15【男子】

中学1・2・3年

U-15【女子】

中学1・2・3年

U-12

小学5・6年

U-10

小学3・4年

U-8

小学1・2年

※U-15(中学生)の選手は、オープンにはエントリーすることできます。

ルール

【予選】セッション方式90分×1

・各カテゴリーの競技タイムスケジュールで指定された時間内に課題(コース)をトライしていき、合計得点で順位を出します。課題数は、全カテゴリー共通で40課題です。好きなエリアに並んでトライします。
・課題のスタート付近には番号が付いています。
・スタートの条件は課題テープで囲われた&棒テープが張ってあるホールドに、棒テープに合わせて手足の4 点を置いた状態でスタート。その他、条件付きの課題があった場合必ず取り付きに表示してあります。条件付き課題についてのご質問は担当エリアのジャッジにお尋ね下さい。
・完登はTOPの表記をしてあるホールドを両手で保持した時に有効となります。*必ずジャッジに完登のOK を確認してからおりてください。ジャッジの確認が取れていない場合は、完登とみなされません。ゾーンポイント(課題の中間ポイント*Zと表記)はマークがついているホールドを保持した時のみ有効です。(タッチや振られ落ちの場合認められません。)
・ジャッジに間違いがある場合は競技中もしくは、次の競技が始まるまでにジャッジに申告して下さい。時間がたってからの申告は無効となります。
・順位はポイント(それぞれの課題毎に設定されているポイント)の高い順で決まります。ポイントが同じ場合は、同着となります。
・エリア間の境界線テープを越えて足を壁にスメアリングすることはOK ですが、境界線を越えて手や足でカンテ・凹角を使用することは禁止致します。また、壁の形状(カンテ、凹角)を使うことはOK ですが、壁の末端を使うことは禁止します。リップも指定された(テープの張られた部分)場所以外使用できません。壁に備え付けられたハリボテ(形・素材は様々)は、コースのテープが張ってある場合、使用可能です。テープが張られていない場合は、手足がふれることを禁止致します。デマケーションテープが張ってある場所から、手足が出て壁に触れたり使用することは禁止です。*コースとデマケーションテープの色は会場によって異なる場合がございます。大会当日ご確認下さい。
・トライしている課題以外のホールドを使ってはいけません。間違って使用してしまったり触れてしまった場合、使用前のポジションに戻れたときは、競技をそのまま続行できます。戻れなかった場合は、そのトライを中断してください。その時点での高度まで有効となります。
・競技前や競技中は、課題のスタートホールド以外は触ってはいけません。
・クリーニングはジャッジに声をかけてブラッシングしてもらってください。ご自身でブラッシングしたい場合はジャッジに声をかけてブラッシングできます。

【準決勝】ローテーションピリオド(オンサイト・ベルトコンベア方式)2課題×4分
【決勝】センドフェスト方式 1課題×4分
※ローテーションピリオド(オンサイト・ベルトコンベア方式)とは…
用意された数本の課題を選手が順々に案内されて、制限時間内に各課題をクリアできるかが勝負になります。
※センドフェスト方式とは…
各ホールドにポイントが設定されており、「いかに高いポイントのホールドを掴むことができるか」ということが採点基準になります。

・各選手は、指定された時間内に課題(コース)をトライしていき、完登数、完登のアテンプト数、ボーナス数、ボーナスのアテンプト数で順位を出します。
・課題のスタート付近には番号が付いています。
・スタートの条件は課題テープで囲われた&棒テープが張ってあるホールドに、棒テープに合わせて手足の4 点を置いた状態でスタート。その他、条件付きの課題があった場合必ず取り付きに表示してあります。条件付き課題についてのご質問は担当エリアのジャッジにお尋ね下さい。
・完登はTOPの表記をしてあるホールドを両手で保持した時に有効となります。*必ずジャッジに完登のOK を確認してからおりてください。ジャッジの確認が取れていない場合は、完登とみなされません。ボーナスポイント(課題の中間ポイント*B と表記)はボーナスがついているホールドを保持した時のみ有効です。(タッチや振られ落ちの場合認められません。)
・ジャッジに間違いがある場合は競技中もしくは、次の競技が始まるまでにジャッジに申告して下さい。時間がたってからの申告は無効となります。
・エリア間の境界線テープを越えて足を壁にスメアリングすることはOK ですが、境界線を越えて手や足でカンテ・凹角を使用することは禁止致します。また、壁の形状(カンテ、凹角)を使うことはOK ですが、壁の末端を使うことは禁止します。リップも指定された(テープの張られた部分)場所以外使用できません。壁に備え付けられたハリボテ(形・素材は様々)は、コースのテープが張ってある場合、使用可能です。テープが張られていない場合は、手足がふれることを禁止致します。デマケーションテープが張ってある場所から、手足が出て壁に触れたり使用することは禁止です。*コースとデマケーションテープの色は会場によって異なる場合がございます。大会当日ご確認下さい。
・トライしている課題以外のホールドを使ってはいけません。間違って使用してしまったり触れてしまった場合、使用前のポジションに戻れたときは、競技をそのまま続行できます。戻れなかった場合は、そのトライを中断してください。その時点での高度まで有効となります。
・競技前や競技中は、課題のスタートホールド以外は触ってはいけません。
・クリーニングはジャッジに声をかけてブラッシングしてもらってください。ご自身でブラッシングしたい場合はジャッジに声をかけてブラッシングできます。

募集人数/エントリー状況

招待選手(シーズン戦優勝者)

U-8

20名
招待選手:西 美柚奈

U-10

35名
招待選手:小山 楚嵐

U-12

25名
招待選手:関川 愛音

U-15女子

10名
招待選手:中尾 日菜多

U-15男子

15名
招待選手:杉本 侑翼

ビギナー

10名
招待選手:栗林 周二郎

ミドル女子

5名
招待選手:藤田 明美

ミドル男子

10名
招待選手:惣田 祐四郎

マスター

10名
招待選手:松永 闘吾

オープン女子

10名
招待選手:末澤 結衣

オープン男子

10名
招待選手:小林 シモーネ

タイムテーブル

表彰・参加賞

表彰

賞金総額10万円

各カテゴリー別優勝者

特製盾を贈呈

参加賞

大会特製Tシャツ
※工場への発注の都合上、1/27(月)以降にお申込みいただいた方はサイズのリクエストにお応えできない場合があります。予めご了承ください。

関西テレビ ページトップへ戻る