9月13日(火)

スペースシャワー プロデューサー
石田 美佐緒
大阪出身。1993年にアルバイトでスペースシャワーに入社。新人発掘のためのライブイベント「スペースシャワー列伝」の企画や、「SWEET LOVE SHOWER」を山中湖に移設して夏フェス化するなど数多くの実績を残す。19年間フェスのトップを務めたが、現在は運営を後輩に引き継ぎ、アーティストプロデュース事業のトップとして活躍している。

番組情報

今回の主人公は、スペースシャワー プロデューサー・石田美佐緒。2007年、日比谷野外音楽堂で行われていた音楽フェス『SWEET LOVE SHOWER』を、富士山を間近に見る山中湖の会場へ移設。以来、数々のアーティストと信頼関係を築き、『SWEET LOVE SHOWER』を累計60万人以上の観客が訪れる、日本を代表する夏フェスへと成長させた立役者だ。
コロナ禍を経て3年ぶりの開催となった今年、25周年を迎えた『SWEET LOVE SHOWER』には、3日間で54組のアーティストが出演。迎えた初日、主にアーティストの対応を担当している石田は、「私にとっては当たり前の礼儀」と、会場内3つのステージを次から次へと駆け回り、自ら客席に立って全ステージを鑑賞した。

1993年、アルバイトとして入社した石田は、現在、上席執行役員に。19年にわたりフェスを仕切ってきた彼女が、そのトップを後輩に引き継ぎ、新体制で臨んだ今年、舞台裏では開催前日にアーティスト1組が体調不良でキャンセルとなるハプニングが発生する。タイムテーブルに穴が空くかもしれないという非常事態に、石田がとった行動とは?

また、現在アーティストのプロデュース事業を担当している彼女は、平均週2、3回、多いときには毎日ライブ会場に足を運び、さらに、地方公演に顔出すことも。カメラは、石田を「俺らのお母ちゃん」と評するTHE ORAL CIGARETTESやマキシマム ザ ホルモン、30年来の友人だというキャンドル・ジュンら、彼女を取り巻く人々のコメントを紹介する。

スペースシャワーで29年にわたり、アーティストやスタッフたちと数多くのストーリーを紡いてきた、スペースシャワー プロデューサー・石田美佐緒の7つのルールに迫る。

セブンルール

  • 1全出演者のライブを観る
  • 23年先までの活動プランを作る
  • 3ライブは地方公演も観に行く
  • 4相手との距離はお酒で縮める
  • 5全ての生活エリアにスピーカーを置く
  • 6スタッフにはダメ出ししない
  • 7ストーリーを紡ぎ続ける