8月30日(火)

旅する料理家
大塚 瞳
福岡県出身。41歳。3歳の時に父の仕事の関係で渡米、アメリカのパーティー文化に感化され帰国すると、大学時代から本格的に料理を学ぶ。大学卒業後も世界各国の料理教室に参加し、腕を磨いた。2020年 福岡県におばんざいの店「台所ようは」をオープン、2022年には新たにイタリアンの店「食堂 ミナトマル」と和食店「和食ダイニング たまとり」を開店。また、「採掘場跡地の中」「登り釜の上」「能楽堂」など、非日常空間で数々の食イベントを開催するなど、食空間ごとプロデュースする活動をしている。

番組情報

今回の主人公は、スタジオキャストの本谷有希子が、「セブンルールで見たい」と、推薦した人物、旅する料理家・大塚瞳。スペインやタイ、台湾、中国など海外の料理教室を渡り歩いた彼女の手に掛かると、採掘場跡地の中や登り窯の上、能楽堂といった非日常空間が、この世に二つとないレストランに変貌を遂げる。また、世界各国のスパイスを掛け合わせた料理も、見た目を大きく裏切る味わいを生み、口にした客の誰もが、その唯一無二の味のとりこになる。
イベントで全国を旅する一方で、飲食店を3店舗経営している大塚。2年前、福岡県にオープンさせたおばんざいの店『台所ようは』には、日本各地の郷土料理をベースに、彼女がアレンジしたおばんざいが並ぶ。メニューは、その日採れた旬の素材を大量に買い込み、店に戻ってから決めるという。また、あくなき探求心で常に新しい味を追い求める大塚は、多忙を極める今でも、時間を見つけては料理を学びに日本各地を飛び回っている。すると、郷土料理を学びに向かった長崎県の小浜で、「味覚を通してその街を知りたい」という彼女の驚きのルールが明らかになり…。

料理だけでなく、空間の演出にも力を入れたという『たまとり』は、佐賀県唐津市にある、大塚のこだわりがつまった店。「同じ土から生まれた農作物と陶器を、料理人として間に立って提供したい」との思いから、店で使う器には、この地に古くから伝わる唐津焼を採用。唐津焼を主役にした『たまとり』がオープンするまでを追う。

さらに、白洲次郎・正子夫妻の旧邸宅、武相荘で初めて開かれる食のイベントに向けて、準備に奔走する姿にも密着。その季節に、その場所でしかできない、“記憶に残る食イベント”を手掛ける、大塚瞳の7つのルールに迫る。

セブンルール

  • 1世界中のスパイスで口の中を旅させる
  • 2メニューは固定しない
  • 3地方に行ったら1日7食
  • 4子どもの味覚に合わせない
  • 5その土地の器を使う
  • 6スタッフはナンパで集める
  • 7同じイベントはしない