7月6日(火)

弁当店「アホウドリ」代表
大石 真理子
大阪府出身35歳。大学卒業後、大手広告制作会社に入社。2011年、東日本大震災を機に退社し実家に戻る。その後、飲食業界に進みカフェの店長を経て2017年にアホウドリをオープン。現在は弁当店以外にも、CGデザイン会社の社員食堂やマンション共用部の食堂を運営。パラレルワークで食と生活を結ぶ新たな活動に手を広げている。

番組情報

今回の主人公は、東京のターミナル・池袋駅から1駅の要町で、築70年の古民家を改装して営業する弁当店「アホウドリ」の代表・大石真理子。SNSにアップされる弁当の写真とどこか懐かしい家庭の味が雑誌やCMの撮影現場で話題を集め、多い日には1日200食以上の注文が入る。「鰆の西京漬弁当」や「牛肉のしぐれ煮弁当」など全部で7種類ある弁当の中で、看板メニューは「アホウドリの丸わっぱ弁当」だ。どの弁当も野菜を中心に10種類以上のおかずが詰まった具たくさんで、弁当を食べ慣れた撮影現場では「開けた時にすごいキレイ。テンション上がる」「ごはんとのバランスが最高」と見た目だけでなく、味の評価も高い。
大阪出身の彼女は大学卒業後、東京の大手広告制作会社に就職。入社3年目の2011年に起きた東日本大震災を機に会社を辞め、疲弊したまま大阪の実家に戻ったが、「1ヵ月ゴロゴロして、オカンのご飯を食べていたらやる気に満ち溢れた」ことで食の大切さに気付いたという。これが飲食業界に進むきっかけとなり、東京でカフェの店長を経て2017年に「アホウドリ」を開店し、3年前からは弁当店だけでなく社員食堂などの運営も始めた。事業拡大に伴い、スタッフも11名に増えたが、一緒に働くスタッフの人選には彼女ならではのこだわりがあるという。

今回カメラは、マスコミ業界の撮影現場で絶大な支持を集める人気ロケ弁だけでなく、パラレルワーカーとして様々な事業を展開する彼女の日常に密着。未経験で飲食業界に入り、「誰もが誇れる職場を作りたい」という思いを胸に、様々なアイデアで自分のやりたいことを実現させる弁当店「アホウドリ」代表・大石真理子の7つのルールに迫る。

セブンルール

  • 1弁当箱をワンルームと考える
  • 2弁当には1品カレー味を入れる
  • 3スタッフはパラレルワーカーを雇う
  • 4映画はエンドロールまで観る
  • 5新メニューは1回絵に描く
  • 6開店時間にオリジナル社歌をかける
  • 7地域No.1のバイト先を目指す