プログラム | セブンルール

9月1日(火)

「隆祥館書店」店主
二村 知子
大阪府出身。元シンクロナイズドスイミング日本代表。現役引退後、父親が1949年に創業した「隆祥館書店」に入社し、2015年から店主に。2011年から作家と読者の思いをつなぐトークイベントを開催している。

番組情報

大阪市内にある創業71年の老舗「隆祥館書店」。まるで昭和時代に戻ったかのような雰囲気が残る書店の店主を務めるのが、今回の主人公・二村知子だ。
「隆祥館書店」は、1949年に二村の父・善明さんが開業し、5年前に彼女が引き継いだ。二村は、1000人もの客の好みを熟知し、その人に合う本を提案する「本の目利き」として人気を集める。
20年前と比べ、全国の書店は半数近くまで減少する中、わずか13坪という小さな書店ながら、「隆祥館書店」では、書籍別の売上で、ときに大型書店やAmazonを超えることもあるという。

本の力で奇跡を起こせるんじゃないか

そんな二村は、かつてシンクロナイズドスイミング日本代表として活躍し、世界大会で銅メダルを獲得した異色の経歴を持つ。世界的な指導者・井村雅代コーチの下で教えを受けた彼女には、今でも支えとなっている言葉があるというー。

地域に貢献するという思いを持ち、「小さな書店でも生き残る方法はあるはず」と語る二村。出版不況の時代に「本の力で奇跡を起こせるんじゃないか」と信じ、“街の本屋”を守り続ける彼女の7つのルールに迫る。

セブンルール

1

来店したお客さんには必ず声をかける

2

本の肝は付箋にメモする

3

人を傷つける本は置かない

4

毎週火曜日はシンクロナイズドスイミングを教える

5

子どもは「井村イズム」で育てる

6

夜7時から8時は家で夕ごはんを食べる

7

街の本屋であり続ける

関西テレビ ページトップへ戻る