プログラム | セブンルール

8月25日(火)

江戸切子職人
三澤 世奈
群馬県出身30歳。明治大学卒業後、ネイルサロンに就職したものの、江戸切子の職人への夢を諦めきれず、2014年に東京・江戸川区の「堀口切子」に入社。堀口徹氏に師事する。その後、2019年に自身のブランド「SENA MISAWA」を立ち上げる。

番組情報

ガラスの表面をカットすることで美しい模様を浮かび上がらせる江戸切子。180年以上続くこの伝統工芸品に魅せられ、日々作品を生み出し続ける若き女性職人・三澤世奈に密着する。
女性ならではの、日常に溶け込むカワイイデザインが特徴の彼女の作品は、ミシュランの名店や一流ホテルなど多くの場所で重宝されている。また、彼女の親方であり、切子の世界では誰もが知る職人の堀口徹氏も「色の組み合わせにやられた。今までの江戸切子になかったし、自分の中にもなかった」と期待を寄せる。

「生きている中で一番楽しい」

幼い頃から手先が器用だったいう三澤。「友達の携帯をきらきらのデコ電にしたり、ネイルチップを作ったりして、すごく喜んでもらえた」という原体験から、将来は「自分が好きなもので喜んでもらえる仕事がしたい」と考えていた。

そして大学時代、彼女の人生を変える出会いがあった。「現在の親方が監修をした、江戸切子の器で作った美容クリームの商品を見たときに、本当に感動したっていうか衝撃を受けて…」(三澤)。すぐに弟子入りを志願したものの、タイミングが合わずに断念。その後、一度はネイルサロンに就職したものの、 江戸切子への思いが諦めきれず日々HPをチェックしていたところ、ある日、小さな文字で求人募集を見つけた。そこで再び門を叩き、彼女の職人人生がスタートした。

それから日々研鑽を積み重ね、昨年、29歳の若さで自身のブランド「SENA MISAWA」を立ち上げた。それでも、「毎日が挫折と成功の連続」で、「これができるようになった」、「まだこれができないんだ」と、試行錯誤を繰り返す日々を過ごしている。

江戸切子は、職人の数が減少するなど徐々に衰退しつつあるが、三澤は、「自分自身が江戸切子に人生を豊かにしてもらった。恩返しをしていきたい」と語る。「生きている中で一番楽しい」と、爽やかにほほ笑む彼女の7つのルールに迫る。

セブンルール

1

彫りながらデザインを決める

2

親方の言葉はノートにまとめる

3

試作の写真は1000枚撮る

4

家ではずっとラジオを聴く

5

週に1度ガラスを吹く

6

ネイルは切子に合わせる

7

江戸切子に手書きの手紙を添える

関西テレビ ページトップへ戻る