プログラム | セブンルール

8月4日(火)

「餃子のハルピン」店主
二宮 千鶴
1954年中国北部・ハルビン出身65歳。父は中国人で母は日本人。22歳の時に母の故郷・日本に移住。東京都内の中華料理店などで修行しながら開店資金を集め、1982年に東京・三鷹に「餃子のハルピン」をオープン。中国の味を追求し、皮から全て手作りの餃子が人気を集め、様々なメディアで取り上げられるまでに。

番組情報

東京・三鷹駅から歩いて10分ほどの路地に店を構える「餃子のハルピン」。
名物は、一口食べると中から肉汁が溢れ出す餃子。本場・中国の香辛料を約10種類ブレンドした秘伝の粉を使い、一つ一つ皮から丁寧に作り上げる。
「タレをつけなくてもそのまま食べられちゃう」(客)
「他のお店の餃子が物足りなくなっちゃうくらい美味しい」(客)
1982年の開店以来、この絶品餃子を作り続けるのが、中国出身の二宮千鶴、今回の主人公だ。

本当の餃子はこの味じゃない
小さくていいから餃子店をやりたい

中国・ハルビン市で、中国人の父と日本人の母の間に生まれた二宮。小さい頃は「中国が本当に貧しい時代だった」と話し、食糧不足で空腹に耐える日々を送っていたという。そんな時代に餃子はご馳走だった。「1年間我慢して我慢して、旧正月だけお腹いっぱい食べられる」(二宮)。22歳の時に母の希望で、一家で日本に移住した。その時口にした餃子が、人生を変えた。「本当の餃子はこの味じゃないと感じた。小さくてもいいから餃子店をやりたい」と、必死に働いて資金を貯め、「餃子のハルピン」をオープンした。

開店から38年、今ではテレビや雑誌などの掲載回数が100回を超える人気店となった。そしてその味は、二代目候補の娘に受け継がれようとしている。そんな娘に辛口で接することが多いが、そこには彼女ならではのあるルールが…。

中国から日本に渡り40年超、本場・中国秘伝の餃子を作り続ける二宮千鶴の7つのルールに迫る!

セブンルール

1

餃子にニンニクとキャベツは入れない

2

焼き餃子の油は最後に入れる

3

売上金を数えて疲れをとる

4

朝食は夫のサンドイッチ

5

夫婦喧嘩は翌日に持ち越さない

6

誕生日は母に感謝する

7

娘にすべては教えない

関西テレビ ページトップへ戻る