プログラム | セブンルール

7月7日(火)

銭湯「小杉湯」番頭
レイソン美帆
宮崎県出身。進学を機に18歳で上京し、高円寺に住み始める。卒業後は銀行に就職。その後、客として通っていた昭和8年創業の老舗銭湯「小杉湯」で働く誘いを受け、番頭に。昨年、イギリス出身のクリスと国際結婚。

番組情報

今回の主人公は、高円寺で愛される老舗銭湯「小杉湯」の番頭・レイソン美帆。創業87年の古き良き公衆浴場の新たな魅力を届ける彼女も、かつては普通にお風呂を楽しみにして来ていた小杉湯の常連だった。

宮崎県出身。進学を機に18歳で上京し、高円寺に住み始めた。卒業後は銀行に就職。当時は「見ない・聞かない・振り向かない」という三原則を立てていた。

そんなある日、いつものように小杉湯に行き、入浴していると「番台やってみない?」と誘われ、この日をきっかけに番台に座るようになった。「泊まる銭湯」という名で小杉湯近くに民泊をしながら日本文化・銭湯を体験できるツアーも企画。昨年には銭湯が縁で、イギリス出身のクリスと国際結婚をした。

本当に自分のいるべきところが見つかった

小杉湯の常連客には「何も持たずに、ぷらっと来て入れる」「好きすぎてこの銭湯の近くに引っ越したくらいホッとできる場所」といった熱狂的なファンが多い。
番頭となってからは、仲間や常連客のおかげで、彼女の中に存在した過去の三原則は壊れていった。

今、楽しく働けているのは、何でも話せる仲間やお客さんに元気をもらっているから。「今日も頑張ろう」と思わせてくれる人たちがいる。「本当に自分がいるべきところが見つかった」と語る彼女の7つのルールに迫る。

セブンルール

1

エプロンの右ポケットには100円 左ポケットには50円

2

常連を特別扱いしない

3

1回会ったら友達

4

1人にして欲しいときは「SPACE!」

5

息抜きはゴシップニュース

6

ダサい格好をする

7

見る 聞く 振り向く

関西テレビ ページトップへ戻る