プログラム | セブンルール

5月12日(火)

特別編
7RULES × 家
外出自粛が続き、家の中で過ごす時間が増えたこの頃…。今回は、これまで取り上げた主人公たちの「家族との過ごし方」にスポットを当てる!個性豊かな主人公達の、両親や子供、そして夫婦での過ごし方とは…?

番組情報

手をつないで帰って手をつないで寝る

ラーメン店店主・奥中宏美
東京・茗荷谷の人気ラーメン店を夫婦で営む奥中宏美。
仕事中は、夫を尊重して夫婦であるにも関わらず敬語で話すが、 営業後は夫と手をつないで帰路へ着く。「お店を出ると、女性としての部分が強く出ますね」と話す彼女、 夜、眠る時も…。

週に一度は夫とボクシングを観る

東急百貨店 お菓子バイヤー・鹿島淑子
「(百貨店は)人生の大切な日のために使って頂くお店だと思っているので失敗出来ない」。こう話し、売り場に不備はないか、常に目を光らせているのがお菓子バイヤー・鹿島淑子だ。そんな彼女が、同じく百貨店で働く夫の影響でハマったのが「ボクシング観戦」!

(今のところ)実家暮らしを続ける

ハンバーガーショップオーナー・坪井真理子
東京・北参道で、広さわずか2坪ほどの小さなハンバーガーショップを経営する坪井真理子。生まれてからずっと、両親と兄が暮らす実家に住んでいた。 仕事に全力で打ち込めているのは、 両親の支えがあってこそ。実家で暮らし彼女を見て、両親もとても嬉しそう。

子どもに家事をさせる

豆腐工房まめや・青木春奈
長野県の山里で、 昔ながらの製法を守り豆腐を作る「豆腐工房まめや」の店長・青木春奈。5人の子をもつ彼女は、夕飯作りではまだ小さな息子に包丁を持たせ、野菜を切らせる。「切ったら痛いって覚えるから次は気をつける。危険を味わって次避けようって。それが学びだと思う」

この他、魚の卸売「寿商店」森朝奈や「佰食屋」中村朱美など、反響の大きかった主人公の「家族との過ごし方」に注目!

※情報は放送当時のものです

関西テレビ ページトップへ戻る