セブンルール | プログラム

1月28日(火)

お米料理研究家

しらいのりこ
新潟県出身46歳。大学卒業後、webデザイナーとして働き、仕事を通じで出会ったジュンイチさんと結婚。その後、夫婦そろって会社を辞め、2011年に夫と2人だけの炊飯ユニット「ごはん同盟」を結成。お米の魅力発信する為のイベントを開催する他、「dancyu」や「オレンジページ」など数々の雑誌にお米料理レシピを提供。美味しいご飯の炊き方と食べ方を提案し続けている。

番組情報

今回の主人公は、お米料理研究家・しらいのりこ、46歳。お米が主役の料理本を多数出版し、数多くの料理雑誌で、ご飯好きをうならせるお米料理レシピを提供し続けている。夫のシライジュンイチさんと共に、炊飯ユニット“ごはん同盟”として活動し、正しいご飯の炊き方からおいしいご飯の食べ方まで、各地でイベントを開催し、お米の可能性を追求している。

無限に広がるご飯の魅力を伝えたい!

米どころ新潟県出身。仕出し屋を営む両親の下、物心ついた頃からお弁当にご飯を詰める手伝いをしていた。当時は、お米がおいしいのは当たり前だと思っていたという。大学卒業後、Webデザイナーとして働き、仕事で出会ったジュンイチさんと31歳の時に結婚。ジュンイチさんの実家が米農家だったこともあり、二人でごはんのイベントを開催した。イベントをきっかけにご飯の魅力にのめり込み、夫婦そろって会社を退職。その後、東京の専門学校で料理を学びながら、レストラン、料理研究家のアシスタントを経て、2011年に夫婦だけの炊飯ユニット“ごはん同盟”を結成した。

活動当初、料理未経験の夫の意見は全く聞かなかったという彼女。しかし、夫・ジュンイチさんの身に起きたある出来事がきっかけで、それまでとは一転、夫の意見を受け入れるようになったという。その出来事とは…。そして、おいしいご飯の炊き方と食べ方を提案する、彼女の7つのルールに迫る。

セブンルール

1

お米を研ぐ回数は3回以内

2

吸水から蒸らしまで炊飯器に任せる

3

お米は「はかり」で計量する

4

夫の意見は半分だけ聞く

5

撮影の日はおむすびを振る舞う

6

全力でダイエットに取り組む

7

炊飯器で美味しく炊く

関西テレビ ページトップへ戻る