セブンルール | プログラム

12月24日(火)

東急百貨店 お菓子バイヤー

鹿島淑子
東京都大田区出身37歳。女子栄養大学を卒業後、東急百貨店に入社。その後、9年間ワインや食品売り場の販売を経て、5年前にお菓子のバイヤーに。現在は、渋谷の東急百貨店本店、渋谷ヒカリエのShinQsなど4店舗のお菓子エリアを担当する。趣味はスーパーでの買い物。

番組情報

百貨店にとってクリスマスは、一大決戦の場だ。中でも、最も大きな需要があるクリスマスケーキは、そのまま百貨店の売り上げの命運を握ると言っても過言ではない。一年に一度の「命がけ」の戦場。そこに身を置く東急百貨店のお菓子バイヤー・鹿島淑子にスポットを当てる。

「特別な日」を彩るもの だから裏切れない

東京、大田区生まれの鹿島。料理好きな母の影響で食に関心を持ち、大学では栄養学を学んだ。その当時、よく立ち寄っていたのが東急フードショー。そこで、色々な料理の匂いや音を聴き、ワクワクした気持ちになったことが今に繋がっている。大学卒業後、東急百貨店に就職し、9年間売り場の販売を経て、5年前お菓子のバイヤーとなった。

さまざまなお菓子を手掛ける中でも、東急百貨店が70種類以上売り出しているクリスマスケーキは、彼女が担当して以来、売り上げは右肩上がりだという。人々の特別な日に添えられるものだからこそ「裏切れない」と話す彼女。素材や味はもちろん、見た目、サプライズ感など、彼女が細部まで徹底したお客様目線で作り上げたケーキがクリスマスを飾る。
彼女がここまでクリスマスケーキにこだわるのは、ケーキにまつわる自身の苦い思い出があるからだという。その理由と7つのルールとは?

セブンルール

1

売り場は足元までチェックする

2

味の想像がつかない食材は使わない

3

口直しはおせんべい

4

スーパーははしごする

5

週に一度は夫とボクシングを観る

6

新しい商業施設には必ず行く

7

買う人の期待を裏切らない

関西テレビ ページトップへ戻る