セブンルール | プログラム

7月16日(火)

107回記念スペシャル

2017年4月にスタートした『セブンルール』。番組名にちなみ、107回目を迎える今回はスペシャル版を放送!これまで取り上げた主人公とそのルールを、スタジオ出演者と共に振り返る。

夫婦のルール

20人の漫画家の編集を担当する助宗佑美。彼女に代わり、家事と子育てを夫が担う。そんな助宗家では、彼女自身が“財布の紐は握らない”ことを夫婦のルールにしている。
東京・茗荷谷の人気ラーメン店「生粋花のれん」を、夫と共に営む奥中宏美。仕事中は夫を尊重して敬語を使うが、営業後は“手をつないで帰って手をつないで寝る”ことが夫婦のルール。仲睦まじい一面が垣間見られる。

子育てのルール

東京から長野の山里に移り住み、「豆腐工房まめや」を営む青木春奈。5人の子を持つ彼女は、まだ4歳の末っ子も含めて子供達全員に“家事をさせる”ことをルールにしている。
三重県伊勢市のソウルフードとして愛される「ぎょうざの美鈴」3代目の奥村美佐。店の繁忙期には、仲の良い友人に息子を預かってもらい、”罪悪感を持たない”ことをルールにしている。そこには、彼女ならではの考え方がある。

親・祖父母とのルール

岩手県沿岸部を走る三陸鉄道の運転士・宇都宮聖花。自他ともに認める過保護な父に向けて“外食の際は必ず父に写真を送る”をルールにしている。
過疎化が進む三重県紀北町で、たった1人でお年寄りたちに食料等を届ける移動販売員・東真央。“亡き祖父母の家に住む”ことをルールに、1人で平屋に住み続ける。その理由とは…。
浅草にある洋食店「グリル佐久良」シェフ・荒木優花は、亡くなった祖父の後を継ぎ、祖母と共に店を切り盛りする。そんな彼女にとって大切なルールは“祖父の味を変えない”ことだ。

スタジオでは、様々な主人公のルールを振り返りつつ、出演者達も自らのルールを発表!その内容とは…

関西テレビ ページトップへ戻る