6月25日(火)

ケータリング会社オーナー
寺脇 加恵
神奈川県出身43歳。上智大学在学中の20歳の時にアパレル会社を設立。その後、30歳でケータリング会社「Globe Caravan」を立ち上げ、多くの企業やイベントへのケータリングを手掛ける。また、各国の駐日大使館と連携して、小学生の親子を対象に食育イベントを開催するなど、幅広く活動している。


番組情報

今回の主人公はケータリング会社オーナー・寺脇加恵(43)。
レバノン、スリランカ、エルサルバドルなど、世界67カ国を巡って独学で各国の料理を習得。企業のみならず70を超える駐日大使館とイベントを開催する、今話題のケータリング会社を経営する女性だ。

全てを失った後に再起をかけて始めた
“ケータリング”

神奈川県で生まれ育った寺脇は、大学1年生の時に訪れたフランスでヴィンテージの洋服に惚れ込み、在学中にアパレル会社を立ち上げ、ビジネスをスタート。順調に売り上げを伸ばしていたが、ある時、予期せぬトラブルに見舞われ、全てを失ってしまったという。そんな彼女が30歳の時に、再起をかけて、たった一人で始めた仕事が“ケータリング”だった。

現地で聞いたレシピを再現したり、料理本を読んだり、独学で努力を積み重ねたという。やがて、味は勿論見た目も華やかな彼女のケータリングは、口コミで評判が広まり、オファーが増えていった。

寺脇が任されるケータリングは、参加者が100人を超えるイベントも数多い。市場での買い付けや食材の仕込み、更には当日の運搬や会場設営、場内の装飾…。際限なく続く作業を黙々と続けることができる彼女のルールとは?また、長年付き合いのある駐日大使の依頼を叶える為、彼女が行っていたある準備の様子に、スタジオメンバーも驚愕…。

セブンルール

  • 1馴染みのない国の料理をミックスする
  • 2市場に行くときはヴィンテージの服
  • 3仕込み作業中はオペラを聴く
  • 4怒らない
  • 5チームに異業種の人を入れる
  • 6レシピと一緒に思い出も聞く
  • 7本場の味は本場へ行って学ぶ