セブンルール | プログラム

5月14日(火)

きさらぎ亭 二代目

横山茜
東京都出身43歳。高校卒業後、大阪芸術大学に進学。そのまま大阪で20年生活し、4年前に劇作家の夫と息子と家族3人で東京に戻る。そして去年、父から「きさらぎ亭」を引き継ぎ、二代目として店を切り盛りする。

番組情報

「サザエさん」の街として知られる東京・桜新町で42年続く小さな食堂「きさらぎ亭」。
自家製の甘辛いみそがしみ込んださばみそ煮定食や、ボリューム満点のチキンカツ定食など、全18種の定食メニューが並び、創業当初から変わらぬ味を求めて連日多くの客が訪れる。そんな「きさらぎ亭」の二代目・横山茜(43)が今回の主人公だ。

42年続く店の味を守り続ける

桜新町で生まれ育った横山。高校卒業後は大阪芸術大学に進学し、卒業後は絵画モデルとして働きながら大阪で暮らしていた。転機となったのは、2011年に発生した東日本大震災だ。「両親も年を取ってきているので心配になってきた。半分継ぐ気で『手伝わせてくれ』と言いに行った」(横山)。東京に戻って来たのは4年前。現在は大学時代に出会った劇作家の夫と、9歳の息子とともに、「きさらぎ亭」の程近くで暮らしている。

横山が「きさらぎ亭」に戻ってすぐ、店はある危機にひんした。入居するビルの老朽化により立ち退きが決まり、閉店することを余儀なくされた。そんな時、彼女はある方法を使って店を存続させることができた。「この店は本当に愛されているんだ」と再認識したという彼女は、去年、父から店を譲り受け、二代目として営業を続けている。

42年間多くの人から愛され続けた味を守り、これからも多くの人を迎え続ける横山の7つのルールとは?

セブンルール

1

サラダは山盛り

2

グループのお客さんは同時に料理を出す

3

腹が立ったら包丁を研ぐ

4

夫のアルバイトは禁止する

5

毎日喫茶店に立ち寄る

6

アルバイトの面接で定食を出す

7

ずっと現状維持

関西テレビ ページトップへ戻る