セブンルール | プログラム

3月12日(火)

三陸鉄道運転士

宇都宮聖花
岩手県宮古市出身24歳。高校1年生の時、東日本大震災に遭遇する。高校卒業と同時に上京し、「西武鉄道」に入社。駅員として勤務した後、2016年に地元・岩手県の「三陸鉄道」に転職。そして翌2017年から、三陸鉄道で2人目となる女性運転士として活躍する。

番組情報

岩手県の沿岸部を走る三陸鉄道。NHKの連続テレビ小説『あまちゃん』で一躍脚光を浴び、交通機関が少ないこの地域の住民にとって欠かせない存在となっている。そんな三陸鉄道で、女性運転士として日々活躍しているのが、今回の主人公・宇都宮聖花(24)だ。

岩手県宮古市で生まれ育った宇都宮。彼女が高校1年生の時、ふるさとである宮古市は、東日本大震災で甚大な被害を受けた。「当たり前に見慣れていた街並みが、跡形もなくなった。“悲しい”を通り越して涙も出てこなかった」(宇都宮)。“東京で運転士になる”という夢をかなえるために、高校卒業と同時に西武鉄道に入社し、駅員として働いていた。しかし、お盆に帰省した時に三陸鉄道に乗ったことで、故郷への思いが湧き上がる。そして震災から5年、2016年に三陸鉄道に転職。翌年、国家試験に合格し運転士となった。

ワンマン運転が基本の三陸鉄道では、運転だけでなく、運行状況確認や点検作業、車掌業務や車内清掃も運転士が兼務する。そのため、最終列車の運行を終えてもホームやトイレ清掃など、宇都宮は地道な作業を続ける。

“三陸鉄道の顔”として、多くのメディアから注目を集める宇都宮。そんな彼女の姿に、地元の人たちは温かい笑顔を向ける。「10両編成の電車を運転したかった」という夢を持ちながら、地元のために前を向いてレールの上を走り続ける彼女のセブンルールとは?

セブンルール

1

朝食は母のおにぎり

2

停車中は三陸の景色を眺める

3

ネイルとピアスは欠かさない

4

休日は「ポケモンGO」をする

5

外食の際は必ず父に写真を送る

6

地元のために取材は断らない

7

亡き人の分まで三陸で生きる

関西テレビ ページトップへ戻る