セブンルール | プログラム

3月5日(火)

「デザインのひきだし」編集長

津田淳子
神奈川県出身44歳。好きなだけ本を買い与えてくれた両親の元、小さい頃から多くの本に囲まれた環境で育つ。大学卒業後に就職した出版社を経て、2005年「グラフィック社」に入社。そして2007年「デザインのひきだし」を創刊。年3回出版し、毎号1万2千部が短期間に完売となるヒット商品の、編集長として活躍する。

番組情報

“自分の考えたデザインを具体的に表現したい!”そんな人たちの為に必要な、包装紙、印刷、加工など、ディープな情報を分かりやすく伝える専門誌「デザインのひきだし」。発売する度に短期間で完売するといい、書店の平積みの中でも圧倒的な存在感を放っている。この雑誌の編集長を務める津田淳子(44)が、今回の主人公だ。

神奈川県生まれの津田は、幼少期から「とにかく本を読め」という両親の元、たくさんの本を読んで過ごした。大学卒業後、出版社で働いていたある時、カバーだけが気に入って買った小説にハマり、「紙が持つ力を思い知った」という。その後、別の出版社に転職して「デザインのひきだし」を創刊。取材を通して紙や印刷技術を知れば知るほど、その高い技術に魅了され今に至る。

カメラは、年3回出版する「デザインのひきだし」の制作現場に密着。最新号の発売までに、約2カ月半かけて40~50社に上る取材を重ね、それぞれの現場で得た情報、そして感動を記事に落とし込む。津田は、編集長でありながらも、自ら一冊の半分以上の記事を書き上げ、ユニークな表紙や付録の多さにも、彼女ならではのこだわりが詰まっている。

「こうしたら絶対面白い」と思うものを、限られた予算の中で作り上げる。誰よりも紙を愛し、多くの人を濃密な紙の世界へと導く津田のセブンルールとは?

セブンルール

1

表紙に1番お金をかける

2

定価2,000円をキープする

3

見たことない紙は持ち帰る

4

知ったかぶりをしない

5

気になる技術は名刺で試す

6

原稿は写真の説明文から書く

7

自分が読みたい本を作り続ける

関西テレビ ページトップへ戻る