セブンルール | プログラム

9月25日(火)

グリル佐久良シェフ

荒木優花
1988年東京都出身。祖父母が創業した洋食店「グリル佐久良」のシェフ。
高校卒業後、調理師免許を取得し祖父の元に弟子入り。しかし、祖父が病で亡くなると、22歳の若さで店を継ぐことに。祖父の味を守りながら、78歳の祖母と共に二人三脚で店を切り盛りする。

番組情報

浅草で、創業51年を誇る人気洋食店「グリル佐久良」。この老舗店の厨房を1人で守り続けている荒木優花に密着する。
「グリル佐久良」は荒木の祖父・正和さんと祖母・幸枝さんが夫婦で続けてきたお店。荒木にとっては小さな頃から慣れ親しんできた遊び場だ。高校卒業後、祖父の元に弟子入りした。しかし、祖父が病に侵され他界。22歳という若さで、彼女が店を継ぐことになった。
現在は荒木が店のメニュー約30種類を全て1人で作っている。看板料理のビーフシチューは、創業当初からのデミグラスソースを注ぎ足して使い、祖父の味をかたくなに守り続けている。接客を担当する78歳の祖母・幸枝さんはお客さんと言葉を交わし、店を盛り上げる。幸枝さんとは日々けんかも絶えないが、互いに言いたいことを言い合う、微笑ましいコンビネーションだ。
料理一筋の荒木だが、プライベートでは意外な趣味や独特の寂しさ解消法も。また、恥ずかしがり屋でもあるという彼女は、お客さんとのやりとりにも個性がにじみ出る。
大好きだった祖父の味を守るため、日々奮闘する若きシェフ。そんな彼女のセブンルールとは?

セブンルール

1

朝食は味見の後

2

料理ができたらノックで合図

3

お客さんに極力姿を見せない

4

片付けのBGMはミュージカル曲

5

休日はできるだけ祖母と離れる

6

寂しさは隅田川にぶつける

7

祖父の味を変えない

関西テレビ ページトップへ戻る