セブンルール | プログラム

9月11日(火)

LINE ゲーム事業本部 副事業本部長

奥井麻矢
1987年生まれ大阪府出身 31歳。大学卒業後、インターネット広告代理店を経て、現LINE株式会社の前身となる会社に入社。初めてプロデュースした「LINE ポコパン」が大ヒット、数々のゲーム開発に携わる。2018年2月、ゲーム事業本部副事業本部長に就任。

番組情報

今回登場するのは「LINE ポコパン」や「LINE:ディズニー ツムツム」など、数々のヒットゲームを世に送り出してきた奥井麻矢、31歳。
初めてプロデュースした「LINE ポコパン」が世界中で4500万ダウンロードを記録し、現在はゲーム事業本部のリーダーとして、同社のゲーム全てに関わっている。
彼女の日常はとにかく忙しい。1日で10本の会議をこなし、ちょっとした隙間の時間には部下たちから相談が持ちかけられる。
上司も「アクションが早いし、求心力があって相手の立場に立つことができる」と絶対的な信頼を置いている。
一見、何でも器用にこなしそうに見える奥井だが、実は「ゲームが一番苦手かもしれない」と打ち明ける。
中学時代から生徒会や部活動の部長など、常に中心的ポジションに立ってきたが、実は特にやりたいこともなく「自分が凡人だと気づいた」という。
将来的な目標もないまま、広告代理店を経て現在の会社に転職。ゲーム事業部が始まった2012年、「これまでゲームをあまりやっていない人」という条件でプロデュースに携わり、いきなり大ヒット作を生んでしまったのだ。彼女がヒットゲームを生み出す秘訣はどこにあるのか?
夫との生活や休日の過ごし方は極めてシンプル。その分、仕事に精力を注いでいるように見える。もともと好きだったわけではないゲームの仕事にそこまでのめり込めるモチベーションは何なのか。そして彼女のセブンルールとは?

セブンルール

1

ゲームは課金しない

2

会議が終わる10分前に要点をまとめる

3

興味がないこともやる

4

家事はリーダー制

5

服は店員さんに選んでもらう

6

人と人を繋ぐゲームを作る

7

過去の成功体験は捨てる

関西テレビ ページトップへ戻る