セブンルール | プログラム

7月17日(火)

そうめん専門店店主

田中嘉織
徳島県出身 48歳。2009年、39歳の時に東京・東中野に24時間営業のそうめん専門店「阿波や壱兆」をオープン。5種類の定番メニューに加え、独創的な発想で生み出してきた300種類の日替わりメニューが話題を呼んでいる。
上京後、故郷・徳島のそうめんを友人たちに喜んで食べてもらえたことから、いつか故郷のそうめんを食べてもらえる店を作りたいと考え、その夢をかなえた。現在は20歳の息子と一緒に暮らしている。今年3月には2号店のそうめん居酒屋をオープン。

番組情報

2週連続で送る夏のグルメスペシャル。第1弾は東京・東中野で珍しい24時間営業のそうめん専門店・阿波や壱兆などを経営する田中嘉織、48歳。店にはすだちをぜいたくに使ったメニューなど定番5種類に加え、日替わりでトムヤムクンやビーフシチューなどと合わせた変わりメニューも提供。今年3月には2号店のそうめん居酒屋を出し、話題を呼んでいる。
田中が1号店をオープンしたのは39歳の誕生日。元は貿易会社に勤務し、飲食店には勤務したこともなかったという。いつかふるさとのそうめんを食べさせる店を作りたいと考えていた彼女は、結婚と出産、離婚を経て、39歳にして念願の店をオープンすることになったのだ。
VTRには徳島から上京した両親や、現在一緒に暮らしている20歳の息子も登場。開店当時には、思春期で衝突したこともあったという息子との、出演者4人も驚く仲の良さとは…?今、彼女がそうめんに対して感じていること、そして、セブンルールとは?

セブンルール

1

人が驚くそうめんを毎日作る

2

料理には母の出汁を使う

3

サワーはトリプル

4

大工仕事は父に頼む

5

出汁の濃さはお客さん好みに

6

息子に手作り弁当を持たせる

7

朝9時にお客さんを入れ替える

関西テレビ ページトップへ戻る