セブンルール | プログラム

7月10日(火)

ホテルプロデューサー

龍崎翔子
1996年生まれ 京都府出身 22歳。19歳の時に母親と共にL&Gグローバルビジネスを設立。「ソーシャルホテル」をコンセプトに掲げ、北海道・富良野にプチホテル「petit-hotel #MELON富良野」を開業。その後、京都・東九条の「HOTEL SHE, KYOTO」、大阪・弁天町の「HOTEL SHE, OSAKA」、神奈川・湯河原のCHILLな温泉旅館「THE RYOKAN TOKYO」をプロデュース。今年のGWには北海道・層雲峡で「ホテルクモイ」をリニューアルオープンさせた。業界に新風を巻き起こす気鋭のホテルプロデューサーで、現役の東大生。

番組情報

今週密着するのは、現役東大生のまま起業したホテルプロデューサーの龍崎翔子。22歳にしてすでに5つのホテルを経営している新世代の経営者だ。
最初にホテルを作りたいと思ったのは、なんと小学2年生の時。家族でアメリカをドライブ旅行した際、「たくさんホテルがあるのに、自分が泊まりたいホテルがない。なんでこんなに代わり映えしないんだろう」と思ったのがきっかけだという。高校で猛勉強して東大経済学部に入ると、19歳の時に母親に社長になってもらい、資金を調達して起業した。
彼女の作るホテルは個性がある。例えば大阪のホテルには全客室にレコードプレーヤーがあり、1階では従業員が企画したクラブイベントを開いたりする。湯河原のホテルでは文豪たちの気分が味わえる「原稿執筆パック」なども用意している。今や社員20人、従業員50人以上を抱える企業に成長したが、そのほとんどが平成生まれという若い感覚が息づいている。最新ホテルのレセプションパーティーでは、彼女の熱い挨拶が地元の高齢者たちをも動かしていく。
そんな多忙な日々の傍らで、東大に通い、学ぶこともおろそかにはせず、同世代の経営者たちと意外な場所で交流を深めてもいる。いったい、この行動力はどこから生まれてくるのか?そして、彼女のセブンルールとは?

セブンルール

1

街の空気感をホテルに織り込む

2

2次会は行かない

3

写真1枚で世界観を伝える

4

東大で「習う」ことはやめない

5

あえてミーハーになる

6

欲しいものは自分で作る

7

日本を3ミリ面白くする

関西テレビ ページトップへ戻る