セブンルール | プログラム

3月13日(火)

瀬戸内寂聴秘書

瀬尾まなほ
1988年生まれ 兵庫県出身 30歳。京都外国語大学卒業後、作家・瀬戸内寂聴が開く寺院の曼陀羅山 寂庵に就職。
3年目に長年勤めていたスタッフ4名が退職し、65歳年上の瀬戸内寂聴を支える秘書として奮闘の日々が始まる。困難を抱えた若い女性や少女たちを支援する「若草プロジェクト」理事も務める。
昨年、瀬戸内寂聴の日々を綴った『おちゃめに100歳!寂聴さん』を出版し15万部のベストセラーに。

番組情報

今回密着するのは95歳の現役作家・瀬戸内寂聴の秘書・瀬尾まなほ、30歳。65歳も年の離れた大作家との、祖母と孫のような無邪気な関係が、最近マスコミでも注目を浴びている。寂聴との日々をつづったファーストエッセイ「おちゃめに100歳!寂聴さん」は発売から3カ月で15万部を超える売れ行きを記録している。
22歳の時に、友人の紹介で事務職として働き始めた当初は、寂聴の小説を読んだことすらなかった。ところが25歳の時にベテラン秘書が辞めてしまい、後を引き継ぐことに。今では寂聴に鋭いツッコミを入れ、アプリ機能を使って2人でヘン顔の写真を撮ったり、時には抱きしめたりと、本物の家族のような関係性。周囲の人も「まなほさんが来てから寂聴さんの笑顔が増えた」と証言する。
一見、シンデレラガールのように見られる瀬尾だが、世間には嫉妬心からか、彼女を悪く言う人もいる。カメラは休日の彼女を追い、その内面にも迫っていく。カメラの前でアルコールを飲み始めた彼女の口からは、知られざる不安がとめどもなくあふれてくる。けれど2人の間には、肉親とも師弟ともつかぬ、互いへの思いやりが隠れていた…。国民的大作家の秘書という、唯一無二の立場にある彼女のセブンルールとは?

セブンルール

1

毎朝寂庵の掃除をする

2

伝えたいことは手紙に書く

3

1日1食

4

知らない人の悪口は無視する

5

親孝行は公平に

6

テキーラでイヤなことを忘れる

7

瀬戸内寂聴を毎日笑わせる

関西テレビ ページトップへ戻る