セブンルール | プログラム

2月20日(火)

ハンバーガーショップオーナー

坪井真理子
東京都出身 31歳。2016年12月に東京・北参道に自身のハンバーガー店「マーガーバーガー」をオープン。平日ランチタイムに4時間だけ営業するわずか2坪のテイクアウト専門店だが、ハンバーガー愛好家の間で話題を集める。子どもの頃からハンバーガーとポテトが大好物で将来ハンバーガー屋さんを開くことを決心する。高校卒業後、ハンバーガーチェーンや他の飲食店で経験を積み、念願の店をオープンした今も、オーナー業の傍ら夜は週5でアルバイトを続ける。

番組情報

今回密着するのは東京・北参道でハンバーガーショップ「マーガーバーガー」のオーナーをしている坪井真理子、31歳。直径10cmのマッシュルームを載せたバーガーなどが評判を呼び、わずか2坪で、平日の昼間4時間しかオープンしない店なのに、すでに人気店になっている。
坪井は10代の頃、カナダやアメリカで本場のハンバーガーと出会い、のめり込んだ。絶対に自分の店を持ちたいと、20代はハンバーガー店などで1日13時間以上働き、開店資金を貯めた。そして当時の仕事仲間だった元お笑い芸人の女性を誘って念願の店を始めたのだった。
なぜ4時間しか営業しないのかというと、夜は今でもイタリア料理店で料理以外の仕事も続けているからだ。オーナーになっても二足のわらじを履き続けるのはなぜなのか?番組では両親と暮らす実家や、アクティブな休日にも密着する。
飲食店の客足は天候に大きく左右される。取材中も全く客がやってこない日があったが、オーナーである彼女はどうするのか?終盤、彼女の給料についても衝撃的な事実が明かされる。決して楽ではない経営状態の中、彼女がハンバーガーを作る理由、そしてセブンルールとは?

セブンルール

1

毎日食べても飽きないハンバーガーを作る

2

週5のバイトはやめない

3

毎朝街を掃除する

4

(今のところ)実家暮らしを続ける

5

暇な日でも焦らない

6

休日は遠出して遊ぶ

7

365日楽しく生きる

関西テレビ ページトップへ戻る