セブンルール | プログラム

2月13日(火)

ショコラティエール

佐野恵美子
1983年生まれ 福岡県出身 34歳。2017年にフランス・パリ旧市街のスイーツ激戦区マレで日本人初のチョコレート専門店をオープンした。実家は福岡県の博多で祖父の代から続く老舗の洋菓子店「チョコレートショップ」。大学卒業後は一般企業で働いたが、25歳の時に単身渡仏。パティシエ経験もないまま一から製菓技術を学ぶ。その後もフランスで修業を続け、2015年にチョコレートの世界大会で金賞を受賞。日本人の繊細さが生み出す味は、舌の肥えたパリジェンヌも魅了する。

番組情報

今回の主人公は、バレンタインデー前日にピッタリのショコラティエール(女性チョコレート職人)・佐野恵美子、34歳。昨年、パリの旧市街・マレ地区で日本人として初めてチョコレート専門店レ・トロワ・ショコラをオープン。名のある老舗店がひしめくスイーツ激戦区で、食通の多いパリジェンヌたちから絶大なる支持を集める。
彼女の実家は福岡県の博多で祖父の代から続く洋菓子店「チョコレートショップ」。しかし、父親からはパティシエールになること自体を反対された。「フランスで修行するなら」と条件を出され、半ばケンカ状態で単身フランスに渡った彼女は、言葉の分からぬ異国で菓子作りを一から学んで修業を続け、2015年にはチョコの世界大会で金賞を受賞。晴れて2017年に自身の店をオープンした。
彼女の店は築400年の建物を使っており、決して日本を主張することなく、歴史ある街に上手に溶け込んでいる。その分、作るチョコレートには、お茶や味噌、きな粉など和の食材が用いられ、パリっ子たちもその新鮮さを評価している。カメラはこだわりにあふれたチョコレート作りの現場だけでなく、友人との付き合いや、ルームシェアする日本人女性との関係性など、彼女がパリで築いてきた人間関係も映し出す。
しかし、すっかりパリに溶け込み、ショコラティエールとして高い評価を受ける今も、「父から三代目として認められてない」という。フランス語の店名に込めた彼女の家業に対する思い、そしてセブンルールとは?

セブンルール

1

天気に合わせてチョコレートを作る

2

パリに敬意を払う

3

仕事のときはお団子ヘア

4

ふるさとを大事にする

5

イヤなことは30分で忘れる

6

なるべく一人にならない

7

父・祖父に負けない

関西テレビ ページトップへ戻る