セブンルール | プログラム

1月30日(火)

書店員

新井見枝香
1980年生まれ 東京都出身 37歳。三省堂書店で文芸書とくいしんぼうを担当するカリスマ書店員。アルバイトで入社後、契約社員を経て正社員に。店頭やイベントでの独自の取り組みが業界で大きな注目を集め、「プッシュする本は必ずヒットする」と話題になる。2014年から独自に選考する「新井賞」を設立し、芥川賞・直木賞と同日に発表。コラム連載を持ち、文庫解説や帯コメントなどの依頼も殺到し、テレビやラジオにも多数出演。昨年12月に初のエッセイ本『探してるものはそう遠くはないのかもしれない』を出版。

番組情報

今回の主人公は三省堂書店に勤める最強の書店員・新井見枝香、37歳。本屋大賞の実行委員を務め、業界紙などに連載も執筆。一書店員なのに、芥川賞・直木賞と並んで「新井賞」まで制定。選ばれた本は直木賞受賞作よりも売れるといわれ、作家たちからも厚い信頼を得ている。
彼女が書店員になったのは10年前。ミュージシャンを諦めた時、たまたま三省堂書店有楽町店のアルバイト募集を見つけた。「モノを売ることが好き」で次第に頭角を現し、作家をゲストに突っ込んだ話を聞くイベント「新井ナイト」を実施。正社員となり、1年前には本店営業本部に抜擢された。現在の業務は来店した作家の対応や出版社との商談だが、毎日必ず売り場に出てポップを添えたりする。
カメラは、本を斜めに置くなど、新井ならではのお客に本を買わせる様々なテクニックや、家での本の収納、独特の金銭感覚などに着目する。実は今度、自身初のエッセイ集が刊行されることになったが、そのイベントは何と勤め先とは違う書店で開催するという。そんな一見自由に見える新井だが、一つ大きな悩みを抱えていた。まさに取材の最中、その悩みに関連する辞令が会社から下る。その辞令の内容、そして彼女のセブンルールとは?

セブンルール

1

ポップに感想は書かない

2

芥川賞・直木賞と同時に新井賞を発表する

3

毎日本を買って帰る

4

残高は気にしない

5

本は雪崩が起きたら捨てる

6

会社に縛られない

7

売り場仕事をやり続ける

関西テレビ ページトップへ戻る