セブンルール | プログラム

12月12日(火)

チーズ職人

古株つや子
1984年生まれ 滋賀県出身 33歳。滋賀県竜王町で牧場を営む酪農一家の末っ子として生まれる。美容専門学校を卒業後、美容師の道に進むが、2009年に実家の牧場でチーズ作りを開始。北海道・十勝で基本を学び、2012年に単身で本場・フランスの酪農家の元で修業しチーズ製法を習得。帰国後、試行錯誤を重ねて作り上げた「つやこフロマージュ」が2014年に「JAPAN CHEESE AWARD」で金賞を受賞し話題に。現在、JALファーストクラスや星野リゾートでチーズ製品が採用される人気ブランドになる。

番組情報

今回密着するのは滋賀県でチーズ職人をしている古株つや子、33歳。チーズ作りを始めてからわずか5年で国産チーズのコンクールで金賞を受賞し、JALのファーストクラスや星野リゾート系列のホテルなどでも採用されている、実力派のチーズ職人だ。
酪農一家の末っ子に生まれた彼女は、独特の匂いや両親が忙し過ぎて家族の時間が持てなかったことから、家業を継ぐ気は全くなかったという。しかし実家を離れ、美容師として働き始めると、両親がいかにすごい仕事をしていたかを再認識し、自身の好きなチーズで実家の牧場を助けたいと考えるようになった。
チーズを扱うようになってから経営も上向き、売り場とレストランを併設した店は新たに3店舗目をオープンするところまできた。この新店は彼女が責任者で、メニューや内装なども全て自身の発信で準備してきた。だが、開店直前の最終準備をしている最中に、兄とメニュー表のデザインで意見が衝突。さらに開店初日には、看板メニューにしようと考えていたチーズにハプニングが…。
ちょっとした気候条件などでも出来上がりに違いが生じるチーズ作り。そんなデリケートな世界で、家業を盛り上げようと奮闘する彼女のセブンルールとは?

セブンルール

1

機械より自分を信じる

2

一度では食べきれないサイズで販売する

3

昼食は抜く

4

前髪はまゆ上3cm

5

仕事前に車のエンジン音を聴く

6

鍋は少しずつ大きくする

7

欲は隠さない

関西テレビ ページトップへ戻る