セブンルール | プログラム

11月28日(火)

クッキーショップオーナー

桜林直子
1978年生まれ 東京都出身 38歳。製菓の専門学校を卒業後、都内のチョコレート会社に勤務。販売、企画、人事、経理、商品管理、広報、営業などの経験を経て2011年に独立し渋谷区の富ヶ谷に“笑うように、踊るように、旅するように”がコンセプトのクッキー屋さん「SAC about cookies」をオープン。人気クッキー屋さんの経営者以外に、飲食店のアドバイザーとしても活躍。シングルマザーで、現在15歳の娘のあーちんは「ほぼ日刊イトイ新聞」で連載をもつイラストレーター。

番組情報

今回密着するのは、今大人気のクッキー屋さん「SAC about cookies」を経営する桜林直子、38歳。カラフルなアイシングが映える素朴なクッキーがさまざまな雑誌などで取り上げられ、東京・富ヶ谷にあるお店には「美味しくてセンスがいい」と大勢のファンが買いに来る。といっても、彼女はクッキー職人ではない。自身はデザインを考えるだけで、実際のクッキー作りはスタッフに任せている。さらには「クッキー店をやりたくてやっているわけじゃない」とまで言ってのけ、そこには彼女なりの人生哲学が込められている。
製菓の専門学校を卒業してチョコレート会社に勤務した彼女は23歳の時に結婚。一人娘を産んだものの、すぐに離婚してしまう。シングルマザーとして会社勤めをしながら、娘が小学生になった時に感じたのは、「夏休みに一緒にいてあげられない」こと。そこから始まった生き方の模索は、なぜクッキー屋さんの経営へとたどり着いたのか?
娘の茜子(あかね)ちゃんは中学3年生になり、プロのイラストレーターとして「ほぼ日刊イトイ新聞」などで活躍している。茜子ちゃんは桜林を「根本的におかしな親だと思っている」と表現するが、母と娘からは深い絆が感じられる。
シングルマザーのクッキー屋さんとして「20代には絶対戻りたくない。今がMAXで、来年はもっと良いと思う」と話す桜林のセブンルールとは?

セブンルール

1

「美味しい」だけでなく「モテる」クッキーを作る

2

スタッフに夢組と叶え組を組み合わせる

3

娘のお弁当を作り続けるためにSNSにアップする

4

考えるために歩く

5

不機嫌禁止

6

娘に母のせいとは言わせない

7

人の半分の時間で倍稼ぐ

関西テレビ ページトップへ戻る