セブンルール | プログラム

9月5日(火)

ブックデザイナー

佐藤亜沙美
1982年生まれ 福島県出身 35歳。書籍や雑誌のデザインをメインに、ポスターや広告の仕事も手掛けるデザイナー。夫は芥川賞作家の滝口悠生。印刷所、出版社を経て、2006年から2014年まで日本を代表するブックデザイナー・祖父江慎の事務所・コズフィッシュに在籍。2014年に独立しサトウサンカイを設立。主な装丁作品に『ぼおるぺん 古事記(一)~(三)』(こうの史代)、『圏外編集者』(都築響一)、『親愛なる』(いとうせいこう)、『ギャートルズ(肉の巻)(恋の巻)(無常の巻)』(園山俊二)など。

番組情報

今回密着するのはブックデザイナーの佐藤亜沙美、35歳。一人の人物が作ったとは思えない多様なデザインを生み出し、「はじめ人間ギャートルズ」ならば、石で作った本をイメージして表紙が本全体の3分の1くらいの厚さがあったり、彼女の装丁には常に遊び心があり、森山直太朗や能町みね子ら作家たちからの信頼も厚い。
彼女がこの仕事に就いたのには、子供時代の少し特殊な家庭環境に原因があった。不登校気味になった彼女を支えてくれたのが本で、中でも装丁家の祖父江慎がデザインをした本にひかれた。講演会には必ず出かけ、ついに押しかけ弟子になってしまったのだった。
彼女の夫は本谷有希子と同時に芥川賞を受賞した滝口悠生。彼がまだ小説家になる前、作成していたフリーペーパーを読んで「ひと読みぼれ」したのだとか。佐藤が食べたい時に滝口が食事を出してくれるという2人の日常や休日にもカメラは密着する。
佐藤はインクや紙にもこだわり、自分のできる全てを本に注ぎ込もうとする。「本のデザインは面倒くさいことばかり。だけどそれをしないと1日に何百冊と出る本の中に埋もれてしまう」。彼女がそこまで本作りに全力を注ぐ理由、そしてセブンルールとは?

セブンルール

1

デザインはページ番号から

2

読者像を1人に絞る

3

ランチは必ず小松さんのお弁当

4

家事はしない

5

休日はカレー屋とスーパー銭湯

6

プレゼン資料は手描きで

7

一冊にひとつは遊びを入れる

関西テレビ ページトップへ戻る