セブンルール | プログラム

8月15日(火)

風鈴職人

篠原由香利
1981年生まれ 東京都出身 36歳。300年前から変わらない技法でガラス製の「江戸風鈴」を作る工場・篠原風鈴本舗の職人一家に生まれる。大正4年に初代・篠原又平が創業し、2代目・儀治は江戸風鈴の名付け親として知られる。早稲田大学卒業後、3代目の父・裕に師事し、100年の伝統を受け継ぐ4代目となる。昔ながらの技法を守りながら新しい感覚を取り入れた作品を発表。洗練されたデザインが高く評価され、「東京の伝統的工芸品チャレンジ大賞」で入賞するなど、注目を集める。

番組情報

今回密着するのは風鈴職人の篠原由香利、36歳。実家は江戸川区にある創業102年の江戸風鈴の老舗で、祖父の儀治さんは名誉都民、父の裕さんは江戸川区無形文化財に指定されるなど、生まれながらの職人一家に育った。子供の頃から家業の手伝いをしてきたため、「普通に土日に休める仕事がしたい」と考えていたが、大学を卒業すると家業の道へ。3年前に父の裕さんが急逝すると、女性ながらに四代目として跡を継ぐことになったが、「風鈴のどこが好きかはわからない」と率直に話す。
風鈴というと古風なイメージがあるが、ある取材日、彼女が着ていたのは「FUCK」の文字がデザインされたTシャツ。実は彼女は20年来のロック好きで、一番好きなのはミッシェル・ガン・エレファント。夫の公孝さんともライブ会場で出会った。公孝さんは篠原と出会って江戸風鈴の格好よさにひかれ、前職を辞めて篠原家に婿入りをした。公孝さんはガラスを吹いて風鈴の形を作り、篠原は絵を付ける作業を担っている。
彼女は祖父たちが作ってきた古典的なデザインも継承しつつ、自身で新たなデザインを生みだすことにも力を入れている。今度の新作には篠原がお気に入りの街を随所に反映している。江戸川区の祭り会場で、通常の風鈴の約3倍の値段で販売するというが、果たして売れるのか?そして彼女のセブンルールとは?

セブンルール

1

絵は風鈴の内側に描く

2

体を冷やすにはキュウリ

3

夏は我慢する

4

新しいモノは大安から使う

5

デザインは街を歩いて考える

6

下描きをしない

7

江戸風鈴を絶やさない

関西テレビ ページトップへ戻る