セブンルール | プログラム

7月4日(火)

家具職人

武内舞子
1993年生まれ 東京都出身 24歳。世界で高い評価を受け、数々の賞に輝く家具職人集団・KOMAで働く紅一点。3代続く大工の家系に生まれ、実家の工場を遊び場にして育ち、子どもの頃からモノ作りに憧れて職人の世界を志す。KOMAの代表・松岡茂樹が手掛けた作品に魅せれ、20歳の時にKOMAでアルバイトを始める。幼い頃から培われたセンスに加え、地道な努力を積み重ねた「削り」の技術で、KOMAのエースとして活躍。

番組情報

今回密着するのは家具職人の武内舞子、24歳。職人たちの手によって生み出される上質な無垢の家具が2年連続でウッドデザイン賞を受賞するなど、国内外で注目を集める家具工房・KOMAで、代表の松岡茂樹の下、紅一点のエース的存在として働いている。男でも音をあげる厳しい職人の世界。親方から日々厳しい叱咤を受けながらも、「女だからできない…とかは嫌い」と持ち前の根性で男社会にくらいつく。
実家は60年続く大工の家系で、祖父は田中角栄の別荘を手がけるほど腕のある職人だった。幼い頃から家の隣にある工場で、木屑にまみれて遊んでいた彼女は、自然にモノ作りの世界に憧れ、職人の道を志す。ある日、雑誌でKOMAの松岡が作った家具を見て衝撃を受け、20歳の時に工房の門を叩きアルバイトを始めた。松岡は「その時は本格的に手伝ってもらうとは思ってなかった」ようで、最初に会った時のことは全く印象に残っていないという。武内が親方に隠れてこっそり技術を磨いていると、思わぬチャンスが舞い込んだ。厳しさに耐えかねて弟子が逃げ出したため、「ダメ元でやってみるか?」と松岡の手伝いを始めることに。それから4年間、家具作りに没頭し、今では松岡の一番弟子となって、「削り」の技術は日本でもピカイチと称賛されるまでに成長した。
ある日、親方の松岡から武内にオリジナル椅子の課題が与えられる。彼女がデザイン案を持っていくと、松岡から「全然面白くない。そんなの、よく俺に見せられるな!」と厳しい叱咤。デザインの事が頭から離れず仕事に身が入らないでいると、「そんなのおまけのおまけなんだよ。仕事しながらやれ!」とさらに容赦のない言葉を浴びせられる。果たして、オリジナルの椅子作りはどうなるのか?絶対的な師弟関係の中で、女性職人・武内舞子は何を考え、何を支えに生きているのか?そんな彼女の「セブンルール」とは?

セブンルール

1

工房では少しでも綺麗に

2

昼食は15分以内に作る

3

仕上げの前は髪を結び直す

4

月に1回 店頭に立つ

5

彼氏は作らない

6

悩んだときは刃物を研ぐ

7

親方の言うことは絶対

関西テレビ ページトップへ戻る