セブンルール | プログラム

6月13日(火)

シューズデザイナー

瀧見サキ
1977年生まれ 40歳。大学卒業後、留学を経て一般企業に就職。25歳の時に“痛くないハイヒール”を作りたい一心で会社を辞め、靴作りの専門学校に入学。学校で学んだ伝統的な靴作りと独学で学んだ解剖学、シューフィッターの観点から考察を重ね、2012年に自身のブランド『サキアス』を立ち上げる。高い機能性とデザイン性を合わせ持つ“芝生の上を歩くような履き心地”の靴は、伊勢丹や人気セレクトショップにも並び、感度の高い女性たちから支持を集める。

番組情報

今回密着するのはシューズデザイナーの瀧見サキ、40歳。彼女が作る靴はハイヒールでありながら履き心地がよくて動きやすく、「女性たちを幸せにする」といわれている。代表作の「カトリーヌ」をはじめ、一流ファッションデザイナーや伊勢丹のバイヤーなども注目している。
そんな瀧見がハイヒールに目覚めたのは、自身のコンプレックスから。幼い頃からガリガリの体型で、思春期を迎えても体が女性らしくならない。そんな時、初めてハイヒールを履いて「心をわしづかみにされた」と話す。学校を卒業後は普通の会社員になったが、10万円のハイヒールを買っておしゃれした時に抱いた疑問が、「こんなに高いのに何で痛いんだろう。自分で作れないかな?」。その思い一つで会社を辞め、靴づくりの世界に飛び込んでしまったのだ。
カメラは彼女のショールームやアトリエなどに潜入し、スケッチブックなどアイデアの源泉も見せてもらう。そこには育児をしながら、こだわりの靴を作り続ける生活があった。彼女にとってハイヒールとは一体何なのか。そして、そんな彼女の「セブンルール」とは?

セブンルール

1

ヒール高は7.5センチ

2

毎日 子どもに万葉集を読む

3

毎日 自分の作った靴を履く

4

わからないことはすぐ人に聞く

5

新月の日に願い事を書く

6

パンツは黒 トップスは白

7

靴には必ず手紙を添える

関西テレビ ページトップへ戻る