4月20日(火)

御舟かもめ 船長
吉﨑 かおり
大阪府出身 39歳。大阪の設計事務所に勤めながら、休日に小型ボートで水上タクシーの営業を始める。結婚を機に、NHKのディレクターをしていた夫と2人でクルーズ船「御舟かもめ」を開業。「朝ごはんクルーズ」や「桜クルーズ」など、ユニークな企画で話題に。コロナ禍で売り上げが激減し一時は廃業も考えたが、今年の桜の時期には一昨年の8割ほどまで客足が回復している。

番組情報

今回の主人公は水の都・大阪で人気を博す遊覧船「御舟かもめ」船長の吉﨑かおり。元々は真珠の養殖に使われた小さな船を寝そべってくつろげる魅力的な空間に改装。定員10名の小さな船ながら、農園直送のフルーツやパンを食べながら遊覧する「朝ごはんクルーズ」や、道頓堀のネオンを眺めながらの「バークルーズ」、水上でお茶会を行う「船上茶会」など、ユニークな企画で家族連れからカップルまで、幅広い客層からの支持を集める。「水の上に浮かぶ小さなおうちを作りたかった」という彼女のアットホームな船からは、古い建物や高層ビルが川沿いに広がる大阪の景色が、いつもとは違った視点で楽しめる。
彼女に密着を始めたのは昨年2月。本来なら、桜が咲き始め繁忙期の季節を迎えるはずが、東京で起きた最初のクラスターが屋形船だったこともあり、相次ぐキャンセルに頭を抱えた。すぐに1回目の緊急事態宣言が発出され、程なくして「かもめ」は営業自粛に。6月に営業を再開したものの、客足は遠かった。今年3月に再開した取材で、「創業して初めて廃業が頭をよぎった」と苦しかった時期を振り返る彼女。休業中にかもめの常連客たちが、前売り券を購入してくれたことに救われ、続けられる方法を模索したことを明かす。

今回カメラは、緊急事態宣言前から1年以上に渡り、家族で営む大阪の小さな遊覧船に密着。2度目の桜の季節を迎え、本来の明るさを取り戻してきた彼女が語る「コロナがあったからこそ改めて気づけた原点」とは。一度は廃業も考えたが、「渡り鳥のかもめが羽を休めるように…そんな船でありたい」という思いを胸に奮闘を続ける「御舟かもめ」船長・吉﨑かおりの7つのルールに迫る。

セブンルール

  • 1出航前は白湯を飲む
  • 2ブロックの数で航路を決める
  • 3船の床板は素手で確認する
  • 4おかずはワンプレートに盛り付ける
  • 5週に1回ご近所さんとジョギングする
  • 6新企画のプレゼンは外でする
  • 7水の上で生きる