セブンルール | プログラム

11月14日(火)

漫画家

米代恭
1991年生まれ 東京都出身 25歳。幼い頃から絵を描くのが好きでいつしか漫画家を志す。美大在学中に描いた漫画がアフタヌーン四季賞で佳作を受賞。大学を中退し、2012年に受賞作『いつかのあの子』で短編デビュー。同年、WEBマガジンにて『おとこのこおんなのこ』(『ふぞろいの空の下』を改題)で長編デビューを果たす。2015年からSF×不倫をテーマにした『あげくの果てのカノン』を月刊スピリッツで連載中。重厚な世界観と斬新なストーリーが人気を集め、単行本は売り切れ続出。11月10日に第4巻が発売される。

番組情報

今回密着するのは漫画家の米代 恭、25歳。月刊!スピリッツに連載している『あげくの果てのカノン』は、異星人に侵略された近未来の日本で、恋焦がれてきた先輩男性と不倫する女性を主人公にした、異色のSF恋愛漫画。芥川賞作家たちが賛辞を送り、単行本も増刷を繰り返している。しかし、衝撃的な恋愛を描く本人は、意外にも恋愛には全くオクテなのだという。
彼女が漫画の執筆場所にしているのは東京都内の築43年のアパートの一室。その質素な部屋で、考えに詰まると雨の中、近所を徘徊したりする。食事や衣服もオシャレからはほど遠く、今どきの女子らしさは全く見られない。小学生の時は友達がいなかったが、絵を描いていると同級生たちが寄ってきた。高校生になると友人とオリジナルストーリーを作っては漫画を描くように。美大生時代に新人賞の佳作を受賞し、漫画家デビューを果たした。
そんな彼女を仕事上でサポートするのが担当編集者の金城小百合。『あげくの果てのカノン』も彼女の提案から生まれた作品で、自身の恋愛体験を語ったりしながら、恋愛が苦手な米代にヒントを与える。お互いに「友達じゃなくて仕事上の付き合い。作品が売れているから仲よくいられる」と認め合う、漫画家と編集者の微妙な関係性にもカメラは迫っていく。
『あげくの果てのカノン』で注目を集める米代 恭が漫画を描き続ける理由、そしてセブンルールとは?

セブンルール

1

早寝超早起き

2

他人の恋愛を漫画に生かす

3

お昼ごはんはファミチキと納豆巻き

4

靴は1足しか持たない

5

遊びの約束は月3回まで(金城さんはのぞく)

6

瞳に心を描く

7

金城さんに面白いと思ってもらえるものを描く

関西テレビ ページトップへ戻る