セブンルール | be: RULE

7月4日(火)

家具職人

武内舞子
1993年生まれ 東京都出身 24歳。世界で高い評価を受け、数々の賞に輝く家具職人集団・KOMAで働く紅一点。3代続く大工の家系に生まれ、実家の工場を遊び場にして育ち、子どもの頃からモノ作りに憧れて職人の世界を志す。KOMAの代表・松岡茂樹が手掛けた作品に魅せれ、20歳の時にKOMAでアルバイトを始める。幼い頃から培われたセンスに加え、地道な努力を積み重ねた「削り」の技術で、KOMAのエースとして活躍。

be:ルール

工房では少しでも綺麗に。

「職人=汚れた格好」というイメージが強いので、工房での身なりには気をつけている。KOMAの家具に興味を持ってくれた方が、どんな職人が作っているのだろうと想像した時に、「あのカッコイイ集団か」と思ってもらいたい。実際、KOMAの社訓としても「男は格好良く、女は可愛く」という理念がある。だから、服についた木クズはすぐに払い落とすなど、いつも清潔に綺麗でいるように心がけている。

関西テレビ ページトップへ戻る