セブンルール | be: RULE

6月13日(火)

シューズデザイナー

瀧見サキ
1977年生まれ 40歳。大学卒業後、留学を経て一般企業に就職。25歳の時に“痛くないハイヒール”を作りたい一心で会社を辞め、靴作りの専門学校に入学。学校で学んだ伝統的な靴作りと独学で学んだ解剖学、シューフィッターの観点から考察を重ね、2012年に自身のブランド『サキアス』を立ち上げる。高い機能性とデザイン性を合わせ持つ“芝生の上を歩くような履き心地”の靴は、伊勢丹や人気セレクトショップにも並び、感度の高い女性たちから支持を集める。

be:ルール

1本線を意識して歩く。

ヒールのある靴を履いて歩くときは、目線をあげて姿勢を正し、1本線の上を歩くように意識している。腰から勢いをつけるように歩くと、前にも進みやすく、歩き方も美しく見える。美しい歩き方をすると、より一層、靴も素敵に見せられる。

関西テレビ ページトップへ戻る