向井理主演『10の秘密』|関西テレビ放送 カンテレ

TOPICS

今夜放送の第4話では、瞳(山田杏奈)の誘拐事件は解決したが、登場人物それぞれが新たな展開を迎える。帝東建設が不正を行っていることを知った圭太(向井理)は金に困り、帝東建設に不正の証拠を買い取るように取引を持ち掛ける…。また、圭太から“10年前の秘密”の内容を聞いた瞳にも、その事件の何かを知っているかのようにピアニスト・翼(松村北斗)が接触。
そして、誘拐犯・二本松(遠藤雄弥)と接触した由貴子(仲間由紀恵)についても隠された裏の顔が暴かれていく―! 予想のできない新展開となる第4話のみどころについて仲間にきいてみた。

トピックス|火9ドラマ 向井理主演『10の秘密』|関西テレビ放送 カンテレ

トピックス|火9ドラマ 向井理主演『10の秘密』|関西テレビ放送 カンテレ

明かされる由貴子の別の顔! 演じる仲間も“ひどい人”と吐露!?
一枚上手の由貴子と圭太のやり取りに『元夫婦のだまし合いの展開になってくれば面白い!』

ドラマで演じる仙台由貴子の役柄について仲間は、「優しい母親像だった由貴子ですが、実はたくさんの借金を抱え、張りぼてのようなセレブ生活。お金や自分の欲のために、こんなことまでしてきたのかと衝撃的な人物」と話し、今まで演じたことのない欲の強い役柄に苦労したと話した。
そんな役柄については、「自分の欲や夢のためにまっすぐ動いている人物」と考え撮影していると話すが…それでも、“ひどい人”だと仲間は話す。
その理由として、第4話のシーンの中で圭太に厳しい言葉を浴びせるシーンがあるのだが、カットがかかった後に、仲間が向井に「(由貴子のセリフ)ひどいよね!?」と話したところ、向井から「(厳しいセリフに)泣きそうだった」と返されるくらいのシーンだったと撮影の“秘密”エピソードを明かしてくれた。

圭太と由貴子の性格についても、ここまでは正反対と思える役柄。事件に巻き込まれていく圭太に対し、巻き込んでいく由貴子。
誘拐事件に関しても、由貴子の策略の中で圭太が踊らされていたようにも見える。そんな一枚上手の由貴子が、圭太の予想外の行動をとり始めるようになる第4話について仲間は「由貴子にとって圭太は敵とすら見ていない存在。普段は優しいお父さんだけれど、今まであまり見たことのない圭太の一面が今後出てくる」と、今後のみどころについて話した。
不正な金銭を受けとり会社を解雇されたり、帝東建設に不正の証拠データを持って乗り込むなど、これまでとは違う圭太の裏側も暴かれていく。そして、今後の展開について、「今後、元夫婦のだまし合いの展開になってくれば面白いですね。どうなるか、気になるところ」と自身も圭太と由貴子のやりとりに期待し、展開を楽しみにしていると話した。
由貴子の別の顔が明かされ新たな展開となる第4話は、今夜9時放送!

関西テレビ ページトップへ戻る