向井理主演『10の秘密』|関西テレビ放送 カンテレ

TOPICS

制作発表会見が、1月9日(木)に都内スタジオで行われ、出演者の向井理、仲間由紀恵、仲里依紗、松村北斗(SixTONES/ジャニーズJr.)、佐野史郎、名取裕子、渡部篤郎が登壇した。

会見で向井は「このドラマは本当にたくさんの秘密があって、いろんな秘密が明らかになっていくことでストーリーや人間関係が変わってくる、とても上質なサスペンスドラマになっていると思います」と挨拶し、仲間は「いろんな仕掛けや展開があって、とても面白く台本を読ませていただいております。見てくださる方たちも、きっとこの“10の秘密”の世界に巻き込まれて楽しんでいただけるんじゃないかと思っております」と、共に作品の魅力に自信をのぞかせた。

一方、佐野は「まだまだ教えられていない(役にまつわる)秘密もあるようなので、それを楽しみに1シーン1シーン丁寧に作っていければと思っております」。名取は「老後を楽しんでいる役なのですが、皆さんがいろんなことに悩んでいる中、一人ノー天気に出てくるので(同じシーンで共演する)皆さんに息抜きとして楽しんでいただけたら」と、それぞれ意気込みを語った。

そんな中、渡部は登壇者全員が役柄について詳細なことは教えられていないことに触れ、「ずっと手探りでやってる状態なんですけども、昨日完パケ(第1話の完成版)を見まして、演じている自分に『さすがだな』と(笑)」とコメントして、会場を沸かせる一幕も。

また、これまでの撮影について、向井は「役柄として、追いかけたり、追いかけられたりしているのですが、なぜか裸足のシーンが多くて、しょっちゅう裸足で外を走り回っているので、足の裏がハードですね(笑)」と笑いを誘いつつ、自身が演じる圭太に関して「娘を助けるためには悪いことも手を震わせながら実行する“人間臭さ”をちゃんと持っている、品行方正だけじゃない人間のドロドロした部分も抱えながらやっている役なので、あまり考えず台本通り振り回されながらやっています」と振り返った。一方、仲間は「前もって台本を読んで計画的にお芝居をしたいなと思っています(苦笑)」と吐露。仲は、向井との撮影について「ずっとご飯の話ばかりしてます。おいしいギョーザの話とか、いろいろ情報交換してたくさんメモりました」と裏話を披露した。

報道陣からの「タイトルにちなんで、何か秘密を教えて下さい」というリクエストに、向井が過去の失敗談を打ち明けると、仲間は「私はすごくババ抜きが弱い…。引きが強くて」と、苦笑いを浮かべる場面も。仲は「家でパンツをはいてない。ノーパン…」と仰天告白。仲間から「(そんなこと言って)大丈夫なの?」と心配されると、仲は「これしかないんですよ~!」と返答。

さらに、2020年の目標について聞かれた登壇者たちは、向井、佐野、渡部らが健康であることを挙げる中、松村は「個人としては、一年中コンスタントにお芝居に携われればなと。一方で、SixTONESというアイドルグループで活動していて、1月にCDデビューもありますので、アルバム、コンサートと、とにかく仕事でパンパンの一年になればいいなと思います!」と意欲的に語った。

最後に、向井が「このドラマは、謎が謎を呼ぶ上質なサスペンスだと思っております。最後まで見ていただければ一つの作品として満足していただける作品になってきていると思います」とアピールして、会見を締めくくった。

関西テレビ ページトップへ戻る