藤原龍太役 / 小園凌央、松本穂香役 / 児玉絹世、熊谷 司役 / 関口アナム

渦中のオトナたちとは対照的(?)、“純粋いい子な3人組”!
幸平、真理亜、杏南…“誰派”かも聞いちゃいました!

幸平(伊藤英明)のカフェ「マスターピース」の従業員、イマドキの若者・龍太を演じる小園凌央さん、紅一点の穂香を演じる児玉絹世さん、杏南(相武紗季)に淡い好意を寄せる司を演じる関口アナムさん。幸平と杏南の不倫や真理亜(木村佳乃)の事件があっても、お店のことを一番に心配する仲良し3人組のトークをどうぞ!

この3人組での出演、撮影には慣れましたか?

児玉3人とも初対面だったから、最初は全っ然しゃべらなかったんですよ(笑)。

関口初めちょっとギクシャクしてたかな。でも、僕は連ドラのレギュラーは初ですし、これからずっと撮影続くんだから、早く仲良くならないとやりにくくなっちゃうと思って。

児玉関口さんが最初に“この3人でチームを固めていこう!”と言ってくださったんです。

関口ただ年上ってだけですけど(笑)。

小園僕が圧倒的に年下です!

児玉コゾノ、今ちょっと緊張してる?3人の時はぜんぜん緊張してないのに(笑)。

小園僕も最初めっちゃ緊張してましたよ。2人は仲良くしようって言ってるけど、こっちはそんな余裕ねぇよ~!と。僕だけ初日からセリフがあったんです。それなのに仲良くする余裕なんてない、ダメだ~って、ひゅっと雲隠れして。でも今はぜんぜん大丈夫です。

児玉今でもチョコチョコどっかに消えるよね(笑)。

関口撮影中、カメラのセッティングとかする短い間にふら~っと消えるんです。あれ?もうすぐ始まるけど大丈夫?って。巻き添えはイヤだから探しには行かないけど(笑)。

小園トイレとか、控室とかですよ!

関口で、スマホでゲームをしてる。

小園違う、違う!台本を確認してます!

児玉優等生だね~(笑)。

それぞれの役作りについて教えてください。

関口司はキッチン担当なので、調理器具の使い方や、パスタを作る段取りなど意識しています。一人暮らしの時はよくパスタを作ってたんですよ。でも、この前の撮影でフライパンを回す動きがあったんですけど、業務用のフライパンだから大きくて重くて!結局できなかったので、基本的な筋力をまず鍛えないと。杏南さんを尊敬している設定だから、司としては好意を抱いてますが、職場では出せません(笑)。役作りで“無骨”というキーワードをもらったので、チャラチャラせず、公私を分けるタイプかなと思って演じています。幸平さんと不倫してたと知っても、相手はオーナーだからわきまえて、煮え湯を飲んでますよ(笑)。それより何より、お店を立て直すほうが大事です。

小園龍太は、元気な今どきの若者。なので、自分そのままです。

関口児玉本当にそのまんま(笑)!。

小園僕が自由すぎるのかな?何をやっても、2人に“大丈夫なの?”と心配されてる感があります。思ったことがすぐに口に出るのも、素の僕です。ドラマ中の、自分のカフェを出すっていう夢は…たぶん無理(笑)。穂香が好きという設定は、今のところはあまり出てないかな。チョイチョイちょっかいは出してるけど。

児玉穂香は、普段の自分よりはテンション高めにやっています。真理亜さんや杏南さんに対して男子2人が言えずにいることも、深く考えずにグイグイ聞いちゃう感じですね。あと、すぐに、おいしそう!って、食い意地が張ってる(笑)。そんな時に、龍太がちょっかい出してくるんです。

小園好きな子にちょっかい出すってあるじゃないですか?そういう感じです。

あえていうなら、幸平派?真理亜派?杏南派?

小園僕、たぶん幸平派だと思います。でも、事件を知って、めちゃくちゃ尊敬してたオーナーがそんなことをしたのか!とガッカリして、この先どうなるかは…。もしかしたら、真理亜派に鞍替えするかも?

関口今のところは絶対に杏南派。起きている事件もそのまま素直に受け止めて、オーナーとの不倫を知っても受け入れている感じです。真理亜さんへの同情の気持ちもあるけど、自作自演の真実を知ったら大ショック。まだまだ揺れそうですね。

児玉私は真理亜派かな。裏切った夫にメラメラと復讐心を燃やしてる真理亜さんの気持ち、私自身、すっごいわかるんです。自分の体を傷つけるまではできないけど、同じ女性として、愛憎みたいなものはわかる。でも、杏南の“このままじゃ終わらせないぞ”っていう、何か企んでる感じもわかる。でも、このカフェの3人は本当に純粋でいい子なんですよ!あんな衝撃の事実を知っても、信じられない!とか、最低!とか、悪いセリフを誰も言わない。

小園ホント。何だかんだやってるオトナたちとは対照的(笑)。

関口純粋にお店のこと心配してるんだもんね。いい子たちですよ(笑)。

ご両親や周囲の反応は?

小園スタジオ撮影の時、父(注:お父さんはヒロミさん)がたまたま同じスタジオで撮影してて、のぞきに来ました。全然知らないで行って、張り出されてる名前を見たら、父だった(笑)。家ではほとんど会わないんですけど、2話のオンエアの翌朝、僕のシーンのギクシャクした動きをず~っと真似してくるんですよ!それも、めっちゃバカにしたような動きで!腹立つわー!!
母(注:お母さんは松本伊代さん)は本読み(注:台本のセリフを読むこと)を手伝ってくれるんですが、役を選ぶんですよね。前に学園ドラマやった時は16歳の役を読んでましたけど、今回は杏南さん。なるべく若めの役がいいらしくて(笑)。僕の演技にはそれほど興味がないらしく、この先どうなるの?この人どうするの?って、視聴者目線で色々聞いてきます。

関口いい視聴者だねえ~、視聴者の鑑!うちも、母(注:お母さんは竹下景子さん)はストーリーが気に入ったようでドラマのことばかり聞いてくる。最初に母に言われたのは“全然出てないね”と(笑)。演技のアドバイスとかは昔から全くありません。そこは僕に任せてくれる感じかな。“監督さん、スタッフさんの言うことをよく聞きなさい”とだけ言われます。うちは、今日は何があるのか、何があったのかを必ず言うので、毎朝毎晩、いれば会話をするし、いなければメールで報告しています。

児玉うちも、親にどうだった?と聞いたら、“出番が少ないからどうもこうもない”って。でも、友だちは“いっぱい出てたね~”って。どっちなんだ(笑)?母は、衣装やヘアメイクの写真を撮って送ってねと言います。友だちは、渋谷駅に貼ってある、ドラマの大きなポスターに出てる私の名前を見つけて、写メをたくさん送ってくれます。

関口僕も写メいっぱい来る!あのポスター、うれしいよね。ただし、自分の名前の前で自撮りしたい衝動は抑えてます。本当はすっごく撮りたいんだけど(笑)。

小園ええーっ!僕には全然メール来ないよ!そもそもポスターの存在を知らなかった!。

関口おいおい、見たほうがいいよー!

ドラマの中で一つのカギとなる”2億円”手に入った

「小園:10億円にする方法を考えます」

2億から10億。もっと増やす方法を考えます。増やすのが楽しい、使うよりも。一気に増やしたいけど、ギャンブルは嫌いなので、居酒屋チェーンを展開します!それでドバッと増やす。(横から関口「スティーブ・ジョブズは言ってるよ、“死ぬ間際にお金は意味がない、大事なのはロマンだ”って」)…じゃあ僕は、“アンチ・スティーブ”で!

「児玉:高級マンションを買って家賃収入を稼ぐ」

2億円あったらマンションが買えますよね?買っちゃう?!高級マンションを買って、家賃収入をもらいます。で、残ったお金で、行きたかった旅行と、欲しかったバッグや洋服に使う。それで2億円がなくなっても、家賃収入があれば将来安心です(笑)。

「関口:宇宙旅行」

宇宙旅行するのが人生の目標の一つなんです。宇宙という空間に身を置いてみたいんです、どんな気持ちになるんだろう?って。すでに海外では2億円くらいで宇宙旅行が実現化しているんですよね。さらに50億円積めば、月まで周遊できるよな、とか夢は広がります!

関西テレビ ページトップへ戻る