嘘の戦争

2017年1月放送スタート!

TOPへ

INTERVIEW | インタビュー

興三(市村正親)への復讐を果たそうとした矢先に、百田マギー)の裏切りに遭った浩一草彅剛)。攻勢から一転してピンチに陥った浩一の運命は?最終回を目前に、主演としてドラマを引っ張ってきた草彅さんにこれまでの撮影を振り返っていただき、浩一役を演じてきた感想、撮影秘話などを語っていただきました。

浩一を演じてきた感想は?
水原希子ちゃんと(山本美月ちゃんが僕を取り合ってくれるので、すごくおいしい役でした(笑)。ただ、楓に対しては完全にだましているし、ハルカは告白してくれて「タイに帰ろう」と言ってくれているのに応えないというのは辛かったです。お2人ともすごく素敵なお芝居で心掴まれる表情をされているので、「こんな顔をさせてしまって…」と自己嫌悪と戦う日々でした。一方で、あのお2人の表情がこのドラマの真実を見せてくれているなと。登場人物が嘘をつきまくっている中、あの2人の浩一への想いこそが真実なんだと思ったとき「俺、このドラマやってよかった」と感じた瞬間でした。
浩一を演じる上で意識したことは?
感情のつながりを緻密に計算して演じるのではなく、その場で「こういう方が楽しいな」という方に感情をシフトしていった感じです。浩一は詐欺師ですし、“何が本音で何が嘘なのか”が良く分からないところがこの役の特徴だと思うし、観ている方にとっても面白いところだと思うので、「できるだけ嘘なのか本当なのか分からなくさせてやろう」という思いで演じました。
撮影で苦労したことは?
浩一は復讐を成功させていきながらも、心の中の復讐の炎は少しも小さくならず、ともすれば強くなっていきました。それを、演じながら「もう充分じゃないか」と思いながらも、とてもスリリングで「そこからまだ行くのか!すごいな」と楽しんでいたりもして。その浩一の復讐に対するエネルギーや熱量を落とさないように最後まで走りきるというのが、僕にとっての課題でした。
撮影中の裏話を教えてください!
百田さんのバーのシーンで、狭い店内でも動きを出したいなと思って、台本には書いてないんですけどオウムのルリちゃんを触りながら台詞を言うことにしたんです。指を甘噛みさせながら台詞を言おうと思っていたら、ものすごく強く噛まれちゃって…(笑)。ちょうどその時の台詞が、“六車が憎い”という内容だったのですが、「六車が憎い」っていう感情と、噛まれた痛さが相まって結果的にすごくいい顔になっていました!(笑)
どんなラストを望みますか?
こんなかっこいい役をいただいてすごく楽しいし、夢を見させていただいているので、「もう、どうにでもして下さい!」という思いですね。後藤法子)さんが書いてくれるこの浩一だったら、僕らはどうにでもできますから!ただ、個人的な思いとしては、観ている人がちょっとでも温かい気持ちになるような結末になればいいなと。終わっても、ポッとした温かさがずっと心に残るようなドラマになったらいいなって思っています。

INTERVIEW | インタビュー


Twitter | ツイッター

関西テレビ ページトップへ戻る