嘘の戦争

2017年1月放送スタート!

TOPへ

INTERVIEW | インタビュー

ニシナコーポレーションの会長で、浩一草彅剛)が目指す復讐の最後のターゲット、二科興三を演じる市村正親さん。興三の威厳とカリスマ性を重厚感のある演技で表現しています。そんな市村さんに興三を演じた感想や周囲の評判などについて語っていただきました。

興三を演じた感想は?
振り返ってみると、テレビドラマではこういう悪者の役は初めてなんじゃないかな。役者として、普段の自分ではできないことができるのですごく面白いですね。悪いことをやっているのですが、演じる側としてはある種の快感があるんです。興三は大企業の会長ということで、大きなビルに入って行ったりホテルのプールサイドを借りきって誕生パーティーをやったりしたのですが、「あぁ、これ全部俺の金なんだな」って思えたり(笑)。そんな、実際には体験できないようなお金の遣い方ができる男を演じるのは、どこか気分がいいところもあったりしますね。その反面、ロケ中とても寒くて、現実と虚構が入り混じりましたが…(苦笑)
演じる上で意識していることは?
興三という人物の性格や人間性などを踏まえた上で、「どういう声の出し方をするのだろう?」というのは考えましたね。響くような声ではなく、息の長い声の出し方。興三になっている時は、自然と興三の声のトーンになっています。あとは、昭和の時代の大物政治家の“影の首領”というような雰囲気を反映させてもいいかなと。
周りの反響などはいかがでしたか?
「悪だね!」とか「ああいう悪、初めて見た」という声をたくさんいただきます。そんな中、「すごく悪、似合ってる!」と言っていただくこともありました。…複雑だけどね(笑)
草彅剛さん、藤木直人さんの印象は?
草彅)剛くんはいろんなものを背負って生きて来た浩一の謎めいた部分をしっかりと持っているし、藤木くんは隆の優等生で真面目で誠実な雰囲気をしっかり出している。一緒にお芝居を交わしていてもそれがひしひしと伝わってくるので、「浩一から学ぶミステリアスな部分と隆から学ぶ生真面目さを、興三なりに持ちたいな」と思わせられました。
最後に視聴者の方にメッセージをお願いします。
最終回に向けてどういうふうに展開していくのか、話したいのはやまやまなのですが(笑)、最後まで観てもらえると「最後まで観てよかったな」としみじみ思ってもらえる作品ですので、私がどういうふうな結末になるのか?どういう扱いになるのか?こうご期待!(笑)

INTERVIEW | インタビュー


Twitter | ツイッター

関西テレビ ページトップへ戻る