嘘の戦争

2017年1月放送スタート!

TOPへ

INTERVIEW | インタビュー

二科家の長男で気のいいキャラクターの二科晃を演じる安田顕さん。浩一を信頼しきっており、素直な人間性あふれる晃を演じています。そんな安田さんに、演じる上で意識していることや共演者の印象について語っていただきました。

演じる上で意識していることは?
最初、監督に晃のポジションを伺った時に、“ふっと和むような位置づけ”“喜怒哀楽がはっきりしている”というポイントを聞きましたので、そういったところを自分の中で心掛けています。表面上で演じてしまうと、本当の抜け作になってしまいますので、内面から表現できたらという思いで演じています。
草彅剛さんの印象は?
すごく引き出してくださるなと。例えるなら一流のプロレスラーですね。格闘家は相手が1や2を出す前にとにかく潰すことだけを考えるものですが、プロレスラーは相手の実力をお互いが引き出し合った上で、信頼関係の元で闘うことでエンターテインメントを成り立たせている。そういった意味で、草彅さんはすごく引き出してくださる方だなという印象です。
藤木直人さん、山本美月さんの印象は?
お二方ともすごく接しやすい方ですし、現場では和やかに過ごさせていただいております。良い作品作りのため、お互いにコミュニケーションを取ろうとしておりますので、非常に良い関係だなと思っています。
だまされやすい晃ですが、ご自身はいかがですか?
だまされやすいと思います。信じ込みやすいので、手相や占いも鑑てもらわないようにしているんです。催眠術もすぐにかかってしまうんじゃないかな。いいバラエティーが出来ると思いますね(笑)
視聴者の方にメッセージをお願いします!
何重構造にもなっているだまし合いがどういう結末を迎えるのか、僕自身も楽しみです。ぜひ最後まで見届けていただけたらと思います!
嘘エピソード

嘘をつこうと思ってやったわけではないのですが、小学生の時、朝会で全校生徒が体育館に集まっていたんです。校長先生がお話されていて静まった中、ついおならをしてしまったんです。そうしたら、並んでいた列の前の方からみんながウェーブのように振り返って来たので、つい僕もその流れにならって後ろを振り返ったんです。その時の僕の後ろに立っていたヤツの「えー!?お前だろ!」という顔は忘れられないですね(笑)。今でもふと、その時のことを思い出すと、「俺の本質ってこれなのかな」と…(苦笑)

INTERVIEW | インタビュー


Twitter | ツイッター

関西テレビ ページトップへ戻る