嘘の戦争

2017年1月放送スタート!

TOPへ

INTERVIEW | インタビュー

ニシナコーポレーションの社長を務め、会社を守るために浩一草彅剛)と壮絶な攻防戦を繰り広げる二科隆を演じる藤木直人さん。役柄の印象や演じる上でのこだわり、草彅さんとの久しぶりの共演などについてお話を伺いました!

最初に台本を読んだときの感想は?
個人的には浩一の過去の壮絶さに目が行ってしまいますが、ストーリーの展開は本当に面白いと思います。浩一の鮮やかな手口にどんどん引き込まれますし、何より浩一草彅さんのさまざまな一面が見られる本当にかっこいいキャラクターになるだろうなと感じました。今作にも出演されていて、脚本家としても活躍されているマギーさんと別の現場で共演したときにマギーさんも「面白いよね」とおっしゃっていて、「台本を書く人でも面白いと思うなんて、相当面白いんだろうな」と思いました(笑)
演じる二科隆の印象は?
浩一が過酷な人生を送ることになったきっかけの30年前の事件には直接的に関与はしていないのですが、結局そのことを宿命的に背負うことになった隆は、一方で事件に巻き込まれた人間なんじゃないかと思っています。守るものや背負っているものが大きいがために、他人から冷たくクールに見えてしまうのではないでしょうか。
演じる上で意識していることは?
矢面に立って浩一と戦っていくわけですが、家族や会社といった守るべきものを守るという隆が隆なりに持っている正義を貫いていきたいです。
草彅さんとの久しぶりの共演については?
まだ浩一と隆がお互いを探り合っている段階のシーンしか撮っていないので、言葉を交わす場面も少ないのですが、今後はお互いの思いをぶつけ合っていく展開になっていくんじゃないかと思いますので楽しみですね。約13年前にご一緒させていただいた時は、十分なコミュニケーションも取れないまま終わってしまったので、今回こそは十分なコミュニケーションをとって少しでも良い作品にできればと思っています。
隆の兄・晃役の安田顕さん、妹・楓役の山本美月さんについては?
安田さんとは以前、親友の役をやらせていただいたのですが、まさか兄弟になるとは!(笑)しかも、実年齢は僕の方が上なのですが弟ということで、そこも「まさか!」な感じなのですが、またご一緒できるのは本当に嬉しいです。山本さんは、現場ですごくコミュニケーションをとろうとしてくださる方なので、本当にありがたく思っています。兄妹役といっても実年齢では20歳近く離れているので、こちらからはやっぱり話しかけにくいですから(笑)。そんな中で、コミュニケーションをとってくださるのは兄妹役をやる上でもすごく助かっています。
最後に視聴者の方にメッセージをお願いします。
先の読めない展開と浩一の鮮やかな手口に皆さんもきっと騙されると思います。話数を追うごとに状況が変わっていくストーリーとなっていますので、第1話から欠かさずご覧いただければと思います。
嘘エピソード

昨夏にレーシングカートにハマったのですが、最初の受付で名前を記入する際、つい双子の兄の名前を書いてしまったんです。その後、続けていくうちにスタッフの方と仲良くなって、普通に話すようになったら、スタッフの方が「いやぁ、本当に似てますよねぇ」って。ずっと双子の兄だと信じていたようで、その時はさすがに「すみません。実は本人なんです…」と打ち明けました(苦笑)

INTERVIEW | インタビュー


Twitter | ツイッター

関西テレビ ページトップへ戻る