嘘の戦争

2017年1月放送スタート!

TOPへ

Dramacheck | 「嘘の戦争」ここをチェック

トピックス | 嘘の戦争

浩一(草彅剛)の正体と30年前の事件について知ってしまった楓(山本美月)。楓の信じられない気持ち、信じたくない気持ちがあふれた山本さんのお芝居に、涙を誘われました。
このシーンの撮影で、リハーサルの段階から涙があふれた山本さんの迫真の演技にスタッフも引き込まれていきました。後日、草彅さんも「すごく良い顔をされていて、演じながらも『こんな顔させちゃって…。もう帰りたい!』って思いながら演じていました(笑)」と振り返るほど。しかし、「帰りたいって思いながらも、『こんな表情が出るような作品に出演できてよかった』『このドラマ撮って本当に良かった!』と心から思いました。ハルカの涙同様、楓の涙もこの嘘だらけの作品の中での“真実”ですね」と明かしてくださいました。

一方、楓の平手打ちにはスタッフもその強さに仰天!少しの遠慮などなく楓の思いをぶつけた山本さんに草彅さんも大満足だったようで、後日、スタッフと「ビンタ史上一番すごかったんじゃない?気持ちよかったよ(笑)」とジョークを交えながら良いシーンが撮れたことを喜んでいました。さらに、「腕が長いから遠心力があるんだよね」と分析しながらも、「叩かれた後に『大丈夫ですか』って(頬を)撫でられちゃった」と茶目っ気たっぷりに語り、現場を笑わせていました。

そして、藤木直人さんと安田顕さんの演技にも圧倒されました!何の罪もないのに傷つけられた妹への想いが溢れた兄弟の姿は、もう後戻りはできない浩一のいばらの道を想起させられませんでしたか?草彅さんは「もう晃と隆の圧が強くって…(笑)。二科兄弟の絆の強さというか、妹への強い想いがすごく出ていて、負けないようにするのが大変でした」と苦笑。

トピックス | 嘘の戦争

また、六車神保悟志)の発言で明かされた守(大杉漣)の秘密にも驚かされました。いちるの望みにすがるかのように守に確認を取った浩一には、失意の念とそれを燃料に燃えだす復讐心が色濃く出ていました。
このシーンの撮影では、大杉さんが監督に「この『どうして、そんな…』という台詞は、“もしかして全て知られたかもしれない”というニュアンスも入れた方がいいですか?」と行間に込められた思いにまで気を配り、リハーサルから瞳をうるませるなど繊細な心情の描写を追求されていました。合間には、壁に向かって一人リハーサルされている珍しい姿も!
多くの共演をされており気心が通じているお二人ですが、この日は互いに距離を取って仲良く談笑することはありませんでした。分かり合っているお二人だからこそ、気持ちが離れてしまう浩一と守を演じるため、あえて距離をとってお芝居に臨んでいらっしゃいました。信頼関係が壊れて大きな溝が生まれた瞬間は、瞬きも忘れるほどに引き込まれましたよね。
素晴らしいお芝居でこのシーンの撮影が終了すると、お二人は「ありがとう!」とがっちり握手を交わして、お互いのお芝居を称え合っていました。

守に復讐することを決意した浩一。その表情は何かに憑りつかれたよう。“復讐”という炎に自らも焼かれてしまうのか!?一方、隆に接近する百田マギー)の真意は…?次回も見逃せません!

BACKNUMBER | バックナンバー


Twitter | ツイッター

関西テレビ ページトップへ戻る