嘘の戦争

2017年1月放送スタート!

TOPへ

Dramacheck | 「嘘の戦争」ここをチェック

トピックス | 嘘の戦争

命の炎が尽きかけた興三市村正親)を一度は見捨てようとした浩一草彅剛)。しかし、踵を返して興三の存命を望みました。敵の興三をそのまま逝かさず、心臓マッサージを続けながら「もっと地獄を見せてやる」と言った浩一の言葉は、100%本心から出たものだったのでしょうか?草彅さんのお芝居に、「もしかしたら…?」と思わせられてしまった方も少なくないのでは。

急展開に目が離せなくなったこのシーンの直前には、視聴者の方を飽きさせないコミカルな場面が配されていました。今回、脚本家の顔も持つマギーさんがこのドラマの魅力の一つとして挙げていた“コメディー要素”を担当したのはカズキ演じる菊池風磨さん!
百田(マギー)のバーで、浩一興三と2人で会うことを仲間に報告する場面では、カズキが「山ん中とか連れてかれて、殺されちゃったりして~」と茶化すと、ハルカ水原希子)は「全然笑えない」とバッサリ!真剣な話をしている中で菊池さんが披露したお芝居に思わずクスリとされられましたよね。
このシーンでは、リハーサルから菊池さんが全力のハイテンションで台詞を発しました。台本には『テンション高く』といったようなト書きはないのですが、菊池さんはあえてここでのテンションを高くすることで、ハルカから注意を受けた後の意気消沈具合との温度差を生み出し、よりおもしろさを深めました。併せて、ハルカが本当に心配しているという側面も色濃くし、ハルカ浩一への想いの強さを表す意味でも一役買っていたと思いませんか。
リハーサルが終わると、マギーさんが菊池さんに近づき「あれだけくだけているといいよね!テンションが良かった(笑)」と絶賛していました。

トピックス | 嘘の戦争

本番を待つ間、雑談でも表現者同士による意識の高い意見の交換が!菊池さんがソロライブを行ったときのエピソードを明かし、自身の今後の課題などを話すと、マギーさんも菊池さんに賛同。そして、会場のキャパによる雰囲気の違いやそのメリットとデメリットについて話し合っていました。
また、マギーさんが「SNSがない時代は、(公演に)興味のあるお客さんが終演後に感想を語り合うために、あまり興味のない友達を連れて来ていた。そんなあまり興味を持ってないお客さんを振り向かせるっていう楽しさがあったんだよね。でも今は、わざわざ友達と来なくてもSNSで公演の感想を言い合える時代になったからか、一人のお客さんが多くなった。公演前の会場のざわつきがすごく少なくなって、それがちょっと寂しくもあるんだよね」と話されると、菊池さんと水原さんは「なるほど…」と真剣に耳を傾けていて、待ち時間にも表現者としてお互いの意識を高め合っている姿が垣間見えました。
お芝居の中だけではなく、こういった雑談もお互いを刺激し合う大切な時間となっており、その効果はお芝居にも良い影響を及ぼしていくんですね。

命を落としかけている興三を必死に救おうとする浩一。果たして興三は一命と取りとめるのか!?第7話、冒頭から見逃せません!!

BACKNUMBER | バックナンバー


Twitter | ツイッター

関西テレビ ページトップへ戻る