嘘の戦争

2017年1月放送スタート!

TOPへ

Dramacheck | 「嘘の戦争」ここをチェック

トピックス | 嘘の戦争

次なるターゲットとして九島亨(平岳大)に標準を合わせた浩一草彅剛)。一方、興三市村正親)が強硬手段に出る前に問題の解決を望む隆(藤木直人)は、百田マギー)のバーへ乗り込みます。
カズキ(菊池風磨)と共に隆と晃(安田顕)のパソコンを見張っていた浩一、開店準備を進めていた百田は、突然の隆の訪問に面食らいながらも冷静に対応。浩一はそっとカズキのパソコンを閉じ、「無用な犠牲を出したくない」と言って千葉陽一について尋ねる隆に対して「分かりません」としらを切ります。
隆が諦めて出て行こうとした時、「お腹すいた」とハルカ水原希子)が来訪。ハルカを見て何か引っ掛かった隆は、気になる様子でハルカを見つめます。そんな隆に「まだ何か?」とやんわり追い出す浩一―。

トピックス | 嘘の戦争

悪い予兆のような突然の隆の来訪が描かれたこのシーンの撮影では、草彅さんがやって来た隆を階下で対応。店内に踏み入らせないようあえて階段下に移動することで、浩一の“聖域には入って来てほしくない”という深層心理を立ち位置で表現。さらに、いつもは隆の速い台詞回しに付き合わず、ゆっくりとした口調で受け流す対応を見せる浩一ですが、若干速いペースでのセリフまわしで、冷静を保ちながらもやはりどこか焦っている浩一を表しました。
また、隆がハルカを見つめる場面では、隆の視線を遮るかのように一歩移動するという細やかなお芝居を披露。「まだ何か?」という早く隆に帰ってほしいという心情を込めた台詞をより一層引き立てていました。

トピックス | 嘘の戦争

本番直前では、藤木さんが「この場所の方がいい?こっちより、ここの方がいい?」と照明スタッフにベストなポジションを確認、マギーさんが「このタイミングで(画角に)入った方がいい?」とカメラマンに尋ねるなど、ベテランのお二人が技術スタッフにまで気を配りながら撮影に臨む一幕も。

隆が退店した後には、水原さんが思わず顔を覆って大きく息を吐いたり、マギーさんが「おい、おい、おい、おい!」、菊池さんが「びびっちゃったよ…」というアドリブを加えて、どれだけ緊張していたかを表現。何の打ち合わせもなく同時にアドリブを入れた3人の足並みの揃ったチームワークが垣間見えました。
そんな緊張感あふれるシーンも撮影の合間は和気あいあい。草彅さんがオウムの頭を撫でたり、指をくちばしに持っていったりして遊んでいると、藤木さんが「あ、本物だったんだ」とオウムに興味津々。すると、草彅さんは「この子、演技するんだよ!」と笑顔で紹介していました。

隆が「千葉陽一浩一」という確信が得られないまま百田のバーにまでやって来るほどに問題の早期解決を望むきっかけとなった“六車”の正体とは…?着々と二科家の手が伸びてくる中、浩一九島にどんな報復を行うのか!?

BACKNUMBER | バックナンバー


Twitter | ツイッター

関西テレビ ページトップへ戻る