カンテレ通信

第3・第4日曜 午前6:30~7:00

原則、毎月 第3・第4日曜の2回(5週月は第4・第5日曜)

2017年2月19日(日)

ご意見ピックアップ

ご意見ピックアップ

関西テレビに寄せられた視聴者の皆様の様々なご意見・お問い合わせを紹介します。

今回は、「10代の若者にこそ見てほしいニュース」「阪神・淡路大震災当日の生中継『この瞬間に祈る』に寄せられたご意見」についてお答えします。

※このコーナーでは、皆様のご意見を募集しております。
ご紹介させていただいた方には、関西テレビのクリアファイルを差し上げます。

12月22日(木)放送「みんなのニュース ワンダー

女子中高生に広がる「デート援交」を拝見しました。
最後の方でコメンテーターやアナウンサー、司会の方たちがこの年頃の少女たちに呼びかけ、危険性を訴えていました。
それを見て残念に感じたのは、平日夕方のこの時間帯だと、10代の少女たちの目にはあまり多くとまらないだろうということです。
あの年代の少女たちに危険性を訴えるのであれば、土・日の昼か夕方の特集番組じゃないと届かない気がします。
皆さん素晴らしいコメントをされていたたけに、そこだけが残念でした。
今後もこのような啓蒙(けいもう)をしていただけると同性としてうれしく思います。

報道センターからの回答

ニュースの特集は、広く社会に役立つ問題提起になるように、と考えながらテーマを選んでいます。
たとえ少数であっても、今回の特集を見て立ち止まり、考え直してくれる人がいれば意義があったと思います。
リアルタイムで見ている10代の女性は少ないかもしれませんが、番組を見た親や家族、周囲の人を通じて番組からのメッセージが伝わる、ということもありえます。
また番組のホームページでは、バックナンバーとして過去半年分、特集の概要を掲載しています。
こうした点を通じて社会に貢献できる情報やニュースを届けていくことが、ワンダーの役割だと考えています。
今後とも『みんなのニュース ワンダー』をよろしくお願いいたします。

番組コメンテーターより

影山貴彦さん
僕も拝見しましたが、素晴らしいコーナーでしたし、だからこそ頂いたご意見ですよね。
報道センターの回答もよかったです。
1点申し上げるとするならば、もしかすると10代(の視聴者)はあまり見ていなかったのかもしれませんが、親御さんにあたる人たちがこれを見ることによって注意喚起になり、また家族の会話も深まる—ということにつながったのだろうと思います。

わかぎゑふさん
視聴者の方は「もったいない」とおっしゃっている—ということですよね。
だとすると、局としてはすごくうれしいことですよね。

1月17日(火)放送「この瞬間(とき)に祈る」(※)

この番組を全国ネットにして、来年以降も続けてほしいのです。
きょう神戸まで行ってきましたが、平日だからか、それとも22年にもなるからか、現場に集まる人がとても少なくなっていて寂しいです。

報道センターからの回答

関西の各放送局では、毎年地震が起きた1月17日午前5時46分に合わせて追悼番組を放送してきましたが、震災から10年となる2005年を機に、追悼番組という形で放送する局は少なくなりました。
実は関西テレビでもどこかで区切りを付けようと検討がなされたのですが、震災報道に関わった記者やデスクたちから「継続するべきだ」という声が強く上がり、現在まで続くことになりました。

大きな事件や事故、災害が起こると「事故から半年」「災害から1年」というように、定期的な報道が行われます。
しかし「1年」や「10年」というのは、メディアが勝手に設けた区切りでしかありません。
事故、災害に関わった方々にとって「風化すること」が最も恐ろしく、悲しいことだということを、私たちは取材を通じて感じました。
私たちが過去から学び一人でも犠牲者を少なくするために、また事件や災害で亡くなった人に思いをはせ、追悼する時間を共有するために、年月の区切りに関係なく、報道する必要があると感じる限り継続していきたいと考えています。

(※)阪神・淡路大震災の追悼番組として、神戸市中央区・東遊園地からの生中継などで構成し、毎年1月17日に放送しています。

番組審議会報告

1月12日(木)に開催された第581回番組審議会の報告です。
昨年12月27日放送のネット単発『潜入!ウワサの大家族 年の瀬も大騒動SP』が審議されました。

カンテレEYE

カンテレEYE

関西テレビの番組を中心に、メディアリテラシー<メディアのメッセージをどう読み解くか、またどうつきあっていけばいいのか>についてご紹介します。

今回は「FNN近畿中四国ブロック災害放送訓練」について報告します。
大地震発生の際、正確な情報を視聴者の皆さまに迅速にお伝えするため、関西テレビはじめ系列の放送局が取り組んでいる準備について詳しくお伝えします。

インフォメーション

次回予告

『カンテレ通信』は皆様のご意見をお待ちしています。
次回は、2月26日(日)放送予定です。
関西テレビの社員が各地の学校で行っている「出前授業」について報告します。

関西テレビ ページトップへ戻る